プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
晩秋儚き哉
地球温暖化が叫ばれるようになって久しい昨今、今年もちょっぴり暖かな秋の始まりとなったようです。
毎年10月末頃から始まる焼き牡蠣小屋のニュースが流れてましたが今年の糸島産牡蠣は海水温が高い為に
50%程の牡蠣が死んだらしく、牡蠣養殖業者さんも大変な様子でした。かと思えば瀬戸内海ではハモが大漁
となって相場が下がってるようで、海水温の上昇は様々な方面に異常事態を引き起こしてます。山に目を
移してみると今年の紅葉はイマイチでは!?・・と言う意見がちょろちょろ聞こえてきますがこれも10月の
気温が下がり切らない為に色づきが進まなかったのかもしれませんね。でも九重の紅葉は見事に紅や黄色に
彩られていたようで、何となくほっとした感じです。しかしながら11月に入った途端急に気温が下がって
寒くなったようで、各地の高嶺の初冠雪ニュースが一気に流れてきました。長期予報によると今年の冬は
少々寒くなりそうです。さてこれからしばらく秋山ハイキングやら紅葉を愛でながらのクライミング等、
何をするにも爽やかな時節で、しかも秋の味覚で美味しい物も出回ります☆ ひやおろしに生牡蠣なんぞ
頂こうものなら、もうタマリマセンよね☆また来週から少し気温も上がってきそうで、ちょっと遅れ気味
の山麓紅葉もこれから楽しめるでしょう♪ 各々方、健康診断受けて下さいね♪(自分に言い聞かせつつ)

2016OCTTpix.jpg

スポンサーサイト
翡翠紺碧 | 2016/11/04(金) 13:02 | Trackback:(0) | Comments:(0)
短秋長夏
10月に入りましたのに30度を超える日が度々あって、少なくともこれまで喩えられていた爽やかな秋晴れ
とか、天高く馬肥ゆる秋と言った趣深い秋の気配はもうちょいお預けのようです。ここ数年しばしば耳にする
短い秋と早い冬の訪れは、地球温暖化が齎す悪影響と言うか日本を日本たらしめる風情深き四季のバランスを
風化させてしまわないかと焦ったりします。今は未だ、少々高い気温が長引いたとしても、彼岸花や稲穂達は
実る時期、咲く時期をわけまえていて暦とのリンクに大きな乱れはありませんが、只これ以上自然界の本能を
混乱させてはならないと思うのです。それは偏に我身に降りかかる災難となって返ってきますのでね。

さて今年も9月人事で行く人来る人、出会いと別れ悲喜交々の時が流れました。新天地に赴く諸兄姉には
大いに活躍して頂きたいし、新たな出会いには新鮮な感謝を忘れないようにしたい。人生は悉くこの繰り返し
ですからね♪ 今年は紅葉やキノコが少し遅めだそうですが、先日宮崎県の山奥でマツタケを見つけました!
正確に言うとマツタケらしきキノコ・・形は小振りだけどソックリで香はまるでマッタケだったのです。
帰って色々調べてみると本物のマツタケより若干早い時期に雑木林に生えるマツタケそっくりのキノコで、
バカマツタケと言う代物のようでした♪ 馬鹿松茸・・って^^;も少しお上品な表現方法は無いものかとも
思いましたが、実はこのお馬鹿松茸様、とても優秀な食用キノコらしく、かのウィキペディアによると
「マツタケよりも柔らかく、香りも強くて評価の高いキノコ」・・と称されてました。
今度見かけたら採取したいと思いますので皆様方におかれましては是非、ご賞味(毒見)下さいませ(笑)
来たるべき豊穣の季節を共に堪能致しましょう☆
201909topix.jpg


想い出 | 2016/10/06(木) 21:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
時を賭ける
吹けば飛ぶよな将棋の駒に、賭けた命を笑わば笑え・・・故村田英雄が歌い上げるの『王将』は古き良き
活力に満ちた昭和の代表曲でした。メダル奪取で沸きに沸いたリオ・オリンピック☆連日連夜テレビから流れる
日の丸選手の勇ましい闘いぶりは誠に頼もしく、ニッポン全体を勇気づけた事間違いありません。個人的に
印象に残りましたのは福原愛ちゃんやレスリングの吉田選手の活躍!彼女らは自分の競技に専念するだけでは
無くチーム全体のマネジメントをも考えなくてはならない重圧と闘ってきたのに、あの愛ちゃんのインタビュー
を見ててもう号泣(;o;)愛ちゃんあなたは最高に頑張った!誰より素晴らしいプレイをしたよー!と通勤の車中で
叫び泣きしたのであります。

つい先日、福岡の老舗のクライミングジムが店を閉めました。自身のクライミングの原点とも言えるこのジムの
閉店は実に寂しく故郷を奪われたような気さえします。クライミングと言えば東京オリンピックで正式種目と
して追加された競技の一つで、今世界のクライミング界では男女共に日本人クライマーがトップレベルに君臨
していると言う有望な競技。当然これから4年の間にはクライミングブームは更にヒートアップしてくるものと
予想されます。他のスポーツもそうかもしれませんがこのクライミングと言う物は自分の目標(課題)との闘いで
苦労に苦労を重ねやっとの思いで一つの課題をクリアするとすぐに次の課題が待っていて、それが次から次へと
永遠に続く云わば「苦しみのスパイラル」なのであります。ただ、狙った課題を克服した時の喜び・ほんの束の間
の喜びはモルヒネのように脳内にドーパミンを充満させてしまうので、また次の快感物質を得ようともがき
苦しみ、更なる強い刺激を求める行為はもはや、中毒患者のそれと似ているのではないかと思います(笑)
一旦クライミングに打ち込みだすと、後はもうマグロのように永遠に泳ぎ(登り)続けないと現在のレベルを維持
する事も出来ない、よって平日にはジムに通い週末には岩場を登る。何とも因果な稼業ではありますが人生の
殆どの部分をクライミング一筋に賭け無心に打ち込む真正クライマー達の姿はもはや神々しくもあるのよね☆
私も飲んでばかりいないで見習わないと^^;

さてここに来て急に涼しくなってきた感がありますがまだ9月!もうちょっと暑さの余韻に浸りたい気持ちもある
今日この頃、皆様方も季節の変わり目故、ご自愛くださいまし。

2016AUGtpix.jpg


翡翠紺碧 | 2016/09/02(金) 23:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)
土用の鯰
土用明けの猛暑一際厳しい日本列島!いやはやそれにしてもタマラん暑さですよね~ご同輩!
今夏の猛暑は南北に長い日本列島にあっては些か印象が違うようで、関東以北では連日のようにゲリラ豪雨
が都市部を襲いそれはまるで亜熱帯地方のスコールのようだとも聞きますが、こちら西日本九州方面では
ほとんど夕立が無い・・と思っておりましたらこれ、福岡市内に限った事のようで福岡県南部などでは纏まった
夕立が降っているみたいです。気象の局地化が顕著になっているようですが、更に特徴的なのは海水温が
高いにも関わらず少ない台風。列島の南方海上では台風でかき回されず、ただただ高温に保たれたままの
海水が不気味に沈黙をまもっているようにも見えるのですが杞憂に過ぎない事を祈りたいですね。

昨今、国内外では残忍なテロや凶悪事件など、見るに堪えない悍ましい事件が流れて来ます。異常気象や
自然界でかろうじて保たれてる微妙なバランスが乱れる時、人間の心まで乱されてしまうのかもしれません。
この度の都知事選は大いに盛り上がり都民の関心度も上がったようなので良かったと思います。新都知事の
イメージカラー「GREEN」の意図するところは様々でしょうが、右寄り左寄りの思想は別として、人の力で強力に
制御しないと活用する事も、むやみに廃棄する事も出来ず、普段はそのままの状態で自然界にも存在しない
と言う実に厄介なエネルギーを、国の基幹エネルギー政策として据え置く事は見方を変えれば危機管理能力の
乏しさ、今後万が一原発事故で人的被害が発生してしまった場合、これを未必の故意と呼ぶんじゃないかね。
人間は大自然の一部だと言う事を再認識しないといけない時期に来てると思います。
自然界の一部と言えば、ポケモンGO!  圧倒的な人気です!スマホのバーチャルな世界とGPSのリアル世界
の融合と言うのでしょうか、ポケモンが自然と一体化した歴史的瞬間だと思います(笑) もっとも私はゲーム
やった事ないので正確にはわかりませんが^^; 
残暑厳しき折、冷たいビールの消費量拡大、精神衛生健康グリーン政策で乗り切りましょう~!

2016julyTopix.jpg

神話四方山話 | 2016/08/03(水) 11:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
暖冬猛夏
ひと月ちょい前、今年の夏を占う気象庁様の長期予報で、「今夏は99%程の確率で記録的な暑い夏となる!」
との御触れがありましたが、この自信満々な占いが大当たりとなりそうな気配になってきた今日この頃、皆様
におかれましては、冷たいお飲物の消費も進んでおられる事と存じます♪ いやまだ梅雨の真っ只中の6月末
だと言うのに本当に暑い日本列島なのですが、7月に入る前後からどうも梅雨前線が消滅したり上昇したりで、
これひょっとして梅雨明けじゃないかしら!?・・と、空恐ろしくなったのは私だけでは無いと思います。今年は
何もかもが早かった。雪解けも、季節の花の開花も、野生動物の活性時期も、梅雨明けも?!何だか全体的
に季節が前倒しになってるような気がしますよね。だいたい博多には山笠があって、クライマックスの追い山が
終わる事が梅雨明けとされてるので、例えどんなに晴れが続いても7/15までは梅雨明けする事はありません
のでご安心ください♪ さて、蝉の大合唱が始まる前から真夏日やら熱帯夜なる単語が飛び交っております。
皆様くれぐれも、体調管理ご用心あそばせ☆

2016junTopix.jpg

アウトドア | 2016/07/04(月) 12:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ