プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
鍋ノミクス
12月に入って一気に寒くなりました。北日本・裏日本ではこの時期としては記録的な積雪となったり、
中四国でも豪雪となって集落が孤立したりと各地大変な影響で、師走は波乱の幕開けとなった様子、
その上に衆議院選挙も重なって年末の慌ただしさ感に一層拍車をかける形となりました。

”大義名分後追い取って付け型”・とも揶揄される今回の解散劇でしたが、なるほどここにきて感じました
のは安倍ちゃん(親しみを込めて♥)・かなりの策士ではありますね。与党視線から見ると絶妙のタイミング
だったと思います。野党の足並みはバラバラやし、前政権に懲り懲りしたトラウマもまだ国民には色濃く
残ってるし、解党してしまう政党はあるし、特段突っ込み所の少ない安部内閣に於いては野党に胸を貸す
横綱相撲・・・ さぁ、どっからでもかかって来なさい的な余裕すら感じます。

新生安部内閣発足当時、閉塞感が覆っていた経済は好転↑諸悪の根源 (賛否両論あるが)とも言われた
デフレ脱却のキッカケを掴み、株化も上昇、百貨店の売上も回復、円高のボックス圏に入ってた為替相場
は円安に急転と、劇的に変化したこの状況を見るに、そりゃー「アベノミクスは成功だった」・・と言いたくも
なるでしょう。但しこれ我々のような末端の小市民の所までは、まだその恩恵が落ちて来ない!川上にある
大きなダムにアベノミクスの恩恵とも言える天然水が滔々と満ちていてまだ溢れそうにない、、と言うのが
現状でしょう。そう言えば昔もこんな感じの政治だったなぁ・・自民党って♪。。と思い出しますが、それでも
この方がまだマシ、、他の政党を積極的に選ぶだけの(次世代の党は除く)、魅力的な対抗勢力は未だ
ありませんし、国会でウチワの追及しかしなかった政党に戻す選択肢は無いし、国家の尊厳威厳を保ち、
国民の生命と財産を護るには現政党がベストなのでは無いか・・と思えてきます。根本的に日本国の象徴
である慈悲深い天皇制や、最前線で災害復旧に邁進している自衛隊を否定するような思想には到底同意
出来ないのであります。しかしながら思想・言論・表現の自由が守られてる日本は本当に、自由な国だなぁ
・・と、思えてくるのはワタクシだけでありましょうか。

さてさて、こうも寒くなってきますと話題は『お鍋』・・・でありましょう。博多名物の水炊きにモツ鍋、海の幸
たっぷりの海鮮鍋に寄せ鍋・・・更には冬の味覚の代表格@牡蠣の土手鍋、おでんも鍋のカテゴリーに
入るのか入らないのか!?などと、もう考えただけでテンション上がってきますよね☆
言っちゃナンだが、一口にお鍋・・と言いますがこの経済波及効果たるや物凄い物があるんですよ☆

1.野菜キノコ類を沢山食べる事により、地産池消効果を高め、地域経済を多いに刺激!

2.海産物、練り物・ツミレ団子などに使用する「魚のすり身」等は東南アジアからの輸入促進に繋がり!

3.熱々の鍋を囲めば話も弾む。ビールや日本酒・焼酎・ウィスキーも進み、内需拡大に大いに貢献!

4.野菜や魚介類を大量摂取し健康な身体を作り、将に医者いらず。医療費の軽減を実現!

5.鍋を囲んだコミュニケーションで家族の絆の強化、地域コミュニティーを潤滑化、精神衛生上これまた良し!

どうですか皆さん、絶大なる「鍋ノミクス効果」をご理解頂けたと思います。ワタクシはこの「五項目」から
成るナベノミクスを公約に掲げ、この度の衆院選を戦おうと思います。どうか皆様、清き一票を!・・・(笑)

益々寒くなります故、ご自愛下さいませ(*^-^*)



スポンサーサイト
お気に入りの店 | 2014/12/10(水) 11:49 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ラブリー鶴富姫
日本一大きな面積を持つ村・・宮崎県椎葉村。どこからのアプローチも遠いこの地の奥座敷・不土野地区には
今桜が咲き乱れていました。平家の落ち武者伝説色濃く残るこの地域で最も有名な話と言えば、ラブロマンス
那須大八郎と鶴富姫の恋物語でありましょう。不土野地区の奥地に旧家仕様の店舗らしき建物が一軒、何かな
と思いきやそれは『豆腐の盛田屋』でした。福岡に戻ってから知ったのですがこのお豆腐屋さん結構有名で何と
福岡にも店舗があるようです。ちょっと立ち寄ってくるんだったなぁ~・・残念!次回は寄らせてもらいます。


盛田屋さんの敷地内に咲き誇る紅白の桜・・・お見事!
sakura.jpg

豆腐好きのワタクシとした事が・・そんなに有名だとは知りませんでした^^;
moritaya.jpg


PENTAX Optio W60 (10MEGA)

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*


お気に入りの店 | 2009/03/24(火) 19:32 | Trackback:(0) | Comments:(14)
釜山~至高のサムゲタン
韓国・釜山の港に降り立ち、国際ターミナルを出る。ここ数年でターミナルから釜山駅にかける街の様相は
とても綺麗に様変わりした。数年前のAPECに合わせて美観地区強化をしたのだろう。ターミナルから釜山
税関合同庁舎方面に歩き横断歩道を渡って対面、釜山駅側の通りに出る。一昔前のようなケタタマシい
クラクションの騒音は皆無で、運転マナーもヨロシイ・・・福岡の街中よりも良いかも♪
お目当てのサムゲタン専門店までは港から歩いて4~5分の所だ。昔ながらの印象の残る通りに面した所に
そのお店はある。鶏の解体に一同無口になる所はカニ料理に似ているが、奥深さが一味違うこのサムゲタン。
至高の味・・唸る旨さのサムゲタンをどうぞ召し上がれ♪


釜山国際フェリー・ターミナルの周りはとても綺麗に整備された。
1pusan.jpg

韓国では当たり前の豪勢な付け出し各種・・砂肝のボイルも実に旨い。すべてお替り自由であります。
2tukedashi.jpg


これが韓国本土最高の「参鶏湯(サムゲタン)」・・あっさりスープで炊き上げられた柔らかい鶏肉の中には
高麗人参、ナツメ、もち米が詰まっている。塩のみで最後の一滴まで美味しく頂けます。医食同源の健康食。
3sangetang.jpg


2回目のお替りのベチュキムチ(白菜キムチ)。。浅漬け風のキムチはいくらでも頂けます♪
4kimchi.jpg

■ 新羅参鶏湯(シンラサムゲタン)
釜山市中区中央洞4-88-4
℡:051-469-1616

■ 釜山へのご出発は・・・
※ 博多港からの5時間ちょいで行く高速豪華フェリー カメリアラインが便利です。
お問い合わせ&ご予約は・・
℡ : 092-262-2323(ふろにはいって ぷさんぷさん♪)


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*




お気に入りの店 | 2009/02/26(木) 14:44 | Trackback:(0) | Comments:(14)
書家「良寛」
博多駅近くの手打ち麺房・そば処「良寛」の店主にホームページのタイトルを筆で書いて頂きました。
職人気質で堅物で、気難しい主人に書をしたためて頂くには、根気と長い年月と熱意が必要でした。
どれくらいの根性が必要だったかと言うと日本酒をお猪口2杯です。(≧▽≦)本当はとても気さくで
素晴しいお人柄の主人なんですよ。魂のこもったお蕎麦にこだわりのお料理を是非ともご堪能下さい。
新井さんありがとうございましたー☆

RYOKAN.jpg

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*
お気に入りの店 | 2008/08/28(木) 18:06 | Trackback:(0) | Comments:(8)
書院“良寛”
空気の澄み切る秋の頃は、感性も心身も活性化してくる・これは近々学会で発表されるであろう権威ある論文、
『大気浸透率における太陽光線透過量が心身に及ぼす影響』で詳らかに説明してある。因みにこの論文は、
登山家@沢グルメちゃんが、お酒を飲んだ時にノタマウ“能書き”の事らしい・・・^^; 
さて、そんな訳で食欲も美的・芸術的欲求も盛んになる「秋」の夜長を玩ぶなら、やはりここ書院”良寛“で
あろうか。博多駅裏に構える蕎麦処“良寛”では目で愉しむ日本画と、心で読める書の味わいと、食通の舌を
も痺れさせる程旨い料理の逸品が、将に五感を震わせてくれる。入り口に立ちまず最初に迎えてくれるのは、
季節を代表するの花達だ。


蕎麦処“良寛”のおでんは出汁が違う。冷めないように練炭で温めながらのおもてなしがまた佳い。
3oden.jpg



カウンターに飾られていた「ムベ」。アケビは笑うが、ムベは笑わない・・その分味も凝縮されている・?
2mube.jpg



青魚の身を叩いて薬味と味噌で和える「ナメロウ」・・これは日本酒が進む!
4namerou1.jpg



書院“良寛”で秋を愉しむ。
5mnu.jpg



PENTAX K10D

smc PENTAX-A 50mm F/1.7

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*


お気に入りの店 | 2007/11/12(月) 17:23 | Trackback:(0) | Comments:(16)
次へ