プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
良寛風いわし南蛮漬
そもそも小魚を一番旨く食す方法はこの南蛮漬けでしょうか。空揚げの後 薬味と甘酢に浸して頂く。
酢のさっぱり感が食欲増進に貢献し、血液もサラサラになる。頭から骨までバリバリ頂ける事でカルシウムも
補給でき、豊富な薬味に「南蛮」の由来でもある唐辛子のカプサイシン作用で血行もよくなりますぞ♪

nanban1.jpg


PENTAX K10D
smc PENTAX-A 50mm F/1.7
http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*
スポンサーサイト
食彩 | 2007/11/13(火) 17:48 | Trackback:(0) | Comments:(8)
太陽オデコ◎
頑張ってますね~東国原知事!今、宮崎県のどんな観光名所に行っても必ずお土産品コーナーに陳列してある
輝くおでこ♪ 我ながらとても“親しみを感じる”おおらかなおでこは宮崎県の顔となっているようです♪
全く同じ商品でも、この知事の顔シール付の商品と、シール無しの商品では売れ方が2~3倍違うとか・・!
熱しやすく冷めやすい「九州人気質」と言えども、今回のブームは暫く続きそうですよ~!

DEKO.jpg



PENTAX K10D
PENTAX FA 35mm F/2.0
http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
食彩 | 2007/08/20(月) 12:39 | Trackback:(0) | Comments:(12)
夏も近づく・・・
そろそろゴマサバも美味しい季節になりますよね~・・・と言うかゴマサバは一般的にダメージが
少ない魚なのですよ。遠洋まで回遊したあとの疲労とか産卵前後の身落ち、脂落ちとかの少ない魚で
全国的にポピュラーなマサバ(真鯖)は夏に向けて身にダメージが出てくるので味が低下すると言
われてます。身落ちしないゴマサバは得に脂を乗せるわけでもないのですが、夏場が旨い!とされて
ますね。九州を中心に古くからゴマサバ(胡麻鯖)、シメサバ、鯖のタタキなどとして食卓に上がって
きました!今の時期は・・・お刺身、タタキでしょう♪


ゴマサバのタタキにヨコワの刺身・・・夏ですね~♪
GOMASABA.jpg



定番“うわのそらサラダ“時として夢にまで出て来る極めてシンプルななドレッシング!白ワインビネガーと
塩だけじゃないの・・?と思えるほどシンプル!前原市産の生で食べれるアスパラガスの瑞々しい事!
SALADA.jpg




PENTAX K10D

PENTAX FA 35mm F/2.0

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

食彩 | 2007/06/18(月) 12:52 | Trackback:(0) | Comments:(20)
地 鶏
日本には三大地鶏と呼ばれる名鶏があるようで、何でも 薩摩地鶏、名古屋コーチン、比内地鶏の3種なの
だそうです。ワタクシ的には鶏肉が大好物でして、焼いただけの淡白なササミに軽く塩振ってモシャモシャ食べる
のも好きですが、勿論地鶏タタキもお気に入りです。 しかしながら、いつもかつもお召し上がりになりたいわけ
では無いのですが、時にムショウに食べたくなる・・・手掴みでガリガリ食べてみたくなるのはこの手羽塩では
ないでしょうか♪ お上品に召し上がるのはいけませんぞ・・・野生児のように大胆に頂きましょう。


これは比内地鶏の逸品!しっかりとした鶏皮と表裏一体を成す皮下脂は旨みの凝縮でしょう。
hinai.jpg




迎え撃つのはキリリと引き締まった清酒! 広島の銘酒”亀齢萬年”
kireimannen.jpg




PENTAX K10D

smc PENTAX-FA 35mm F/2.0

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*


食彩 | 2007/06/13(水) 23:32 | Trackback:(0) | Comments:(15)
アオ
地球上の生息する生き物のうち未だに発見されていない種族が何万種類いるでしょうか・・或いは発見
されていながらも生態内容が謎に包まれている種族も多く居ると思います。一般的に身近な生き物だと
思われている「うなぎ」もその誕生から成魚に至るまでの生態は全くの解明されていないようです。
今、市場に出回っている「ウナギの蒲焼」の99%は一般的に言う「養殖物」だと思いますが、ごく稀に
「天然鰻」の文字を見かける事がありますね。養殖鰻の真っ黒な背中に対して、天然鰻の背中は深い緑色
をしています。これを一般的に「アオ」と呼び特に珍重、養殖鰻と区別しているようです。ただ炭火で
丹念に炙って秘伝のタレで付け焼きをし、熱々のご飯にのっけて食べると養殖も天然もどちらも美味しく
頂けます。幼い頃、目の前の川で捕まえてきた正真正銘の「アオ」は当時は蒲焼にして食べてましたが・
今なら素焼きでワサビ醤油で頂きたいものですなぁ~・これは違いがわかる食べ方かもしれませんね♪


アオの白焼きワサビ添え・身の純白さが違うかな。蒲焼きとは別にじっくりと味わいたい逸品・・お値段も逸品^^;
AOUNAGI.jpg



PENTAX K10D
PENTAX FA 35mm F/2.0
http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*
食彩 | 2007/06/04(月) 12:23 | Trackback:(0) | Comments:(16)
次へ