プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
うねり
厳寒のみぎり皆様におかれましてはお風邪などお召しになられてないでしょうか。1月末頃までは
朝夕の気温差が激しい九州地方でしたが2月に入り本格的な寒波襲来で平野部でもちらほら積雪して
いるようです。猛威をふるってたインフルエンザの流行も些か気になる所であります。
先月、先の米大統領選で勝利したトランプ氏が正式に就任しました☆大方の予想では国際金融市場は
大混乱となって、円高に振れるのではないか・・と騒がれてましたが今の所為替相場も小幅な値動きで
円安基調で安定!?為替に左右される企業はひとまずほっと胸を撫でおろしているところであります。
数年前から世界規模で起こっている大きなうねりは英国のEU離脱と言う誠にシンボリックな出来事を
受け、大戦後広く普遍的な価値観と信じられて来たボーダレス・グローバル化の限界と、圧倒的な強国
アメリカがそのスタンスを変えようとした事に起因する世界的なうねりを感ぜずには居られません。隣国では
これまでせっせと育んできた反日教育が見事に花咲き若い世代の反日活動が激化、それはもはや
かの国の国教に類するほど神格化され、くだんの少女像はもはや信仰のシンボル・偶像となっている
かのようです。とある雑誌の特集記事には、まだあどけなさの残る二十歳そこそこの少女が、その目に
憎しみの炎を煮え滾らせ「あくまで日本と戦い抜くのだ!」・と公言して憚らないその姿を見ると
まさに遠い異国の地でしばしば見られる聖戦・自分の信じた神=思想を掲げた正義の戦いであり、
もはや誰も止められないのでは無いかとさえ思えます。我国が掲げているのは国際法とか史実に纏わる
検証であるのに対し、かの国が掲げているものは彼ら固有の歪んだ正義、交わる事は無いのでしょう。
我が国内においてもきな臭いと言うか不穏な動きが無いわけではありませんが、常識は国民に広く
行き渡っていてカードを落としても戻って来る程治安は良く安心して地下鉄にも乗れるし、減少した
と云えども自然林の恩恵に浴する事も出来る。木々に宿る、山々にも里にも宿る八百万の神信仰は
絶対神が居ないだけに争わなくて済むのかもしれません。

さて、2月も中旬ですがまだまだ寒さが続きそうな日本列島、開いてしまった梅の花もちょっぴり
後悔してそうな感じです。春まであと一息! 皆さまご自愛下さい。

2017janTpix.jpg

スポンサーサイト
神話四方山話 | 2017/02/10(金) 17:23 | Trackback:(0) | Comments:(0)
土用の鯰
土用明けの猛暑一際厳しい日本列島!いやはやそれにしてもタマラん暑さですよね~ご同輩!
今夏の猛暑は南北に長い日本列島にあっては些か印象が違うようで、関東以北では連日のようにゲリラ豪雨
が都市部を襲いそれはまるで亜熱帯地方のスコールのようだとも聞きますが、こちら西日本九州方面では
ほとんど夕立が無い・・と思っておりましたらこれ、福岡市内に限った事のようで福岡県南部などでは纏まった
夕立が降っているみたいです。気象の局地化が顕著になっているようですが、更に特徴的なのは海水温が
高いにも関わらず少ない台風。列島の南方海上では台風でかき回されず、ただただ高温に保たれたままの
海水が不気味に沈黙をまもっているようにも見えるのですが杞憂に過ぎない事を祈りたいですね。

昨今、国内外では残忍なテロや凶悪事件など、見るに堪えない悍ましい事件が流れて来ます。異常気象や
自然界でかろうじて保たれてる微妙なバランスが乱れる時、人間の心まで乱されてしまうのかもしれません。
この度の都知事選は大いに盛り上がり都民の関心度も上がったようなので良かったと思います。新都知事の
イメージカラー「GREEN」の意図するところは様々でしょうが、右寄り左寄りの思想は別として、人の力で強力に
制御しないと活用する事も、むやみに廃棄する事も出来ず、普段はそのままの状態で自然界にも存在しない
と言う実に厄介なエネルギーを、国の基幹エネルギー政策として据え置く事は見方を変えれば危機管理能力の
乏しさ、今後万が一原発事故で人的被害が発生してしまった場合、これを未必の故意と呼ぶんじゃないかね。
人間は大自然の一部だと言う事を再認識しないといけない時期に来てると思います。
自然界の一部と言えば、ポケモンGO!  圧倒的な人気です!スマホのバーチャルな世界とGPSのリアル世界
の融合と言うのでしょうか、ポケモンが自然と一体化した歴史的瞬間だと思います(笑) もっとも私はゲーム
やった事ないので正確にはわかりませんが^^; 
残暑厳しき折、冷たいビールの消費量拡大、精神衛生健康グリーン政策で乗り切りましょう~!

2016julyTopix.jpg

神話四方山話 | 2016/08/03(水) 11:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
膨らむ違和感
先ごろ中東で起きた人質凶悪事件では関係者及び関係国や政府も含め最大限、解放に向け尽力された
にも関わらず悲しい結末となってしまいました。犠牲となられた全ての方々のご冥福をお祈りします。
今回の事例は国家の体をなす紛争国間における交渉にあらず、相手が過去に例を見ない程大規模で且つ
組織的な犯罪グループである為に、交渉するにも何をするにも困難を極めたのでは無いかと察しますし、
過去に起きた「よど号ハイジャック事件」のような超法規的措置発動の検討すらままならなかったのでは
ないかと・・・。無論、よど号事件の解決方法が正解だったと申し上げてるわけではませんが。

法治国家である日本を母国として育った私達には到底理解できない常識(=非常識)が、この地球上には
確かに存在し、それは怒りや悲しみと言った一般的な感情の土台に、耐え難い違和感を纏った恐怖の像が
投影されているようで、とても現実の出来事とは思えないのであります。そこには過激な宗教宗派間の問題
が複雑に絡んでいて、自然と神と人間の一体性を祭祀を通して具現化し調和を計る、八百万の神信仰の
我々には窺い知る由もありません。無差別テロや自爆テロのニュースを聞く時、これらは一部の過激派の
暴挙である事は間違い無いのでしょうが時として、先の大戦時に特攻隊として戦闘機や潜水艦諸共、その
若き命を犠牲にされた事例と並べて論じられる事がありますが、非戦闘員である文民と市街地に対する
自爆テロ行為と、軍人軍艦軍港が対象となるそれとは根本的に違う行為なのは火を見るより明らかです。

2015YASUKUNI.jpg

自身、仕事柄しばしば広島に行く機会があります。広島平和公園に掲げられている原爆死没者慰霊碑に
刻まれている「・・・~過ちは繰り返しません」の文字に殊更違和感を覚えるのは私だけでは無いと思います。
建立時から議論になっていたように、「これではまるで善良な広島市民が何か過ちでも犯したみたいだ!」と
感じられるのは当然で、当時国際法で明確に使用が禁止されていた大量破壊兵器が=原爆では無いと言う
解釈もあるようですが少なくとも、民間人が居住する市街地への攻撃は明確にそれを禁止されていた筈。
刻字を変えられないのであればせめて碑の末尾に " President. Truman" の署名があって然るべきではと、
これにも違和感を感じるのであります。

今年も1月中に靖国神社を参拝する事が叶いました。現在の平和な日本の礎を純粋な心で築きあげられた
御英霊に心から謝し、現代社会に生きる私達が捧ぐる事の出来る唯一の玉串・・即ち、畏怖の念を忘れず、
あくまで恒久平和を追及する事祈念しました。これは日本国民として隣人・家族を大切にし、二度と戦争の
禍を繰り返す事無く、平和な日本を貫いて参ります・・と誓う、当然の感情であろうと思いますが、これにも
異議を唱える人々が居ると言う所にもまた、違和感を感じちゃったりするのです。

先月の誕生日で大台に乗り、頑固親父を通り越して益々我儘な「子供帰り」の様相を見せるばかりか、
早くも花粉症の症状が出ている大馬鹿者だと、嘲笑して下さいまし。。。m(*_ _)m


神話四方山話 | 2015/02/06(金) 17:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)
祝・神在月
長雨続きの夏から若干天気を取り戻した初秋。お彼岸前後から里を彩った曼珠沙華も既に役割を終え
色褪せてきました。もう10月ですよ・・・いや本当に速い。 今、木曽の御嶽山噴火で大きな被害が出て
今日も捜索隊の懸命な救助活動が続いていました。御嶽山噴火はやはり山岳事故では無く、時と場所を
問わず起こり得る自然災害だろうと思います。台風や地震と同じ自然災害なんだけども火山噴火は更に
予測が難しい突発的な災害とも言えるので、私たちにもいつ降りかかるともわからない。
一刻も早く御嶽の劫火の鎮まらん事祈ります。

この九月も色んな事がありました。八月とは打って変わって良い天気が続いたり、一気に涼しくなったり、
出会いや別れ、人生の悲喜交々の中でも 『喜』・・が多かったと言うか、印象に残った良い月でした。
ここ数年心してかかるようになったのは盂蘭盆会。なぜなら個人的な想いの中で、お盆ほど月日の流れ
の早さを実感として思い知らされるイベントが他に思い当たらないからです。得も言われぬ物悲しさは、
惜夏の情をも伴って増幅してしまうし、夏休みの終わりの近きを告げる事にもなりますしね。
それに引き換え9月ともなると些か開き直った感がありますので、「何だ、まだ暑いじゃんか♪」・・と、
照り付ける残暑の厳しい日差しに汗する時、嬉しく感じたりするものです。

さて10月も好天続きではありますが、週末ごとにやってくる台風には困った物で、しかも今現在、日本の
遥か南方洋上でトグロを巻いてるヤツは恐ろしく勢力の強い台風のようです。台風の進路上にある皆様、
充分にご注意下さいませ。

2019septopix.jpg

神話四方山話 | 2014/10/08(水) 16:29 | Trackback:(0) | Comments:(4)
多様化と排他性
今年は記録尽くしの夏場を迎えました。異例に早い梅雨明けで始まった夏の陣は、明けた途端に
記録的な猛暑酷暑!連続熱帯夜の日数を更新したかと思うと、平均気温は観測史上最高温度を
塗り替えたとか。 つまり一言で言うと、『福岡、メッチャ暑い』・・と言う事なのであります。
しかしながら・・・体感的にはそこまで猛烈な暑さを感じなかったのだけど・・・加齢に伴う温度感知
能力の劣化か!? いやいや、湿度が低く不快指数が低かったのかも!?・・と、経年劣化説を
真っ向から否定している今日この頃です。

記録的と言えば先の参院選も、大方の予想通り『自民党大勝』でフィナーレを迎え、強く逞しい
日本の再生に向け、外野の声にもブレず邁進する安倍政権は将に、捲土重来の勢いで砂埃を
上げているようにも感じ、日本国民の気運を高揚させているのではないか・・と、感じます。

与党自民党員から異口同音に聞こえて来るのは、「衆参のネジレ解消」により、前進する政治
が実現できる・・と、それは恰も桃源郷の如き極楽が君達、国民の目前に広がっているので、
さぁ諸君、安心し給え。。。と言うニュアンスで伝わってくるのですが、、本当にそうですか?
確かに前政権民主党時代があまりにもお粗末極まりない物で、このままでは日本国国家存亡
の危機・・さえ感じていましたので、それとの格差が大きいばかりに過大な期待感が列島を覆って
いる事は間違い無いと思います。

しかしながら一般的に考えてみて、もしも全ての国会議員が自らの党利党略を捨て、私欲を捨て、
国家の財産である国土を護り、あまねく日本国民全員の健康と幸せを願って止まない崇高な志を
持ちあわせた人物しか成り得ないとするならば、国会で戦わせる議論には正義の火花が散るで
あろうし、そこにある『ネジレ状態』 こそが少数意見さえも見逃さないと言う、民主主義の根幹を
実現する輝かしい舞台設定になるからです。
『ネジレ解消』を声高らかに称賛する政党に邪な思惑が無いのか!? ちょっぴりあるでしょう?

2013july1.jpg


昨今、日本を取り巻く諸国との摩擦や軋轢が取だたされています。対馬から仏像が盗まれると言う
窃盗事件が発生し、その証拠品が押収されたにも関わらず、それを返さないで良いとした国は、
そこの元首様自ら「日本を千年恨み続けてやる」・・と公言して憚らず、更には中国の主要駅前に、
伊藤博文(日本初代首相)を暗殺したテロリストの銅像を建てたい様です。

賛否両論渦巻く「TPP協定参加」の是非についてあまり語るべき事はありませんが、日本にとって
全てがハッピーなわけでは無い・・のは間違い無いでしょう。 しかしながらTPP参加を政府が公式
に発表した途端、『尖閣諸島は日本の領域であり、ここは同盟国として日本と共に防衛する。』・と、
これまで政府が喉から手が出る程欲しかった、お言葉が大国の大統領から発せられた。
よもや、この部分までTPPと関連しているのか否か!? は、知る由もありません。


日本は古来から身の回り全ての物質・現象には神が宿るとし八百万の神を祀るり、更にご先祖様
を大切にすると言う風習もあります。 もうすぐそのメインイベントのお盆がやってきますね。

今、私たちが贅沢とは言えずとも毎日健康に過ごし、勤労の喜びを体験できるのは、ご先祖様を
始めこれまでの日本の礎を創り上げて来られた故人のご恩があるからで、平和で平穏な我が国
に再び戦禍が降り注ぐこと無く、恒久平和を強く強く祈念する。。 そんな純粋な心の向き先から
素直に神社仏閣にお参りをし、再び過ちを犯す事はしない、、と自戒の念も込める。
そんな慎ましやかなに風習により、靖国神社を参拝するのです。

私はもっともっと多くの日本国民(例外なく全ての日本国民を指す。象徴も含む。)が靖国神社を
参拝してみてはどうかと思うし、私ももう少し近ければ毎年お参りしたい気持ちでいっぱいに
なりつつ、近所の地録神社にお参りしてます。


些か長くなりましたがお盆を控えたこの今朝、広島で行われた平和祈念式典のテレビ中継を見て
万感胸に迫ると言うか、様々な思いが頭を横切りついついおしゃべりが過ぎました。尚、ここに記載
された事項は全てフィクションです♪

皆様、これから列島日本は本格的な晴の周期に入り、高温・酷暑・熱帯夜が続きそうです。
熱中症対策怠りなく、元気に夏を乗り越えましょう! 



*
神話四方山話 | 2013/08/06(火) 11:37 | Trackback:(0) | Comments:(1)
次へ