プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
七つの子
梅雨入り宣言間近の北部九州地方、今年の6月は昼間は確かにそれなりに暑いのだけども、朝夕はとても過ごし易いと言うか、ちょっと肌寒いくらいでした。例年こんな感じだったかなぁ~・・と振り返りつつも、つい昨年の事でさえおぼろげにしか覚えていないと言う何ともお粗末な記憶力。
つい先日の昼頃、家内から「車庫のとこにカラスが死んでる!」と写真付きの連絡があった。見てみると確かに黒い物体がコンクリートの中央に小さく写ってるのだが、位置的にも車を駐車する場所なのに今朝出勤時に気付かなかったのは、それが助手席側だったからだろう・・でも思えば今朝方、車に乗り込むその時は気にもしなかったのだけど黒い産毛のような鳥の羽が足元に落ちていたのを思い出した。更に思いを巡らすに未明ごろ、いつもより相当けたたましくカラスが騒いでいた事を、夢うつつの中に聞こえていた記憶も蘇ってきた。
『そうか、今朝のアノ騒ぎの時、何かのアクシデントに遭ったのだろう』

早々に帰宅し車庫の手前に駐車すると写真の通りそれはそこに有った、巣だったばかりの子供のカラスのようだ。そして頭上の電信柱からけたたましいカラスの鳴き声が止む事無く鳴り響いている。見上げるとツガイだろうか2羽のカラスが見るからに憔悴しきった表情で我を失ったかのように落ち着きなく右往左往しつつ、しきりに鳴いているのだか大凡これまでに聞いた事も無いような何とも表現し難い「人の声」のような鳴き声・・それは悲痛な叫び声のようでもあった。
我が家の裏は雑木林のような里山となっていて一年中、鳥たちに憩いの場を提供している。時折、冬の渡り鳥たちも羽を休めに立ち寄るのだが、その中でも一番大きな樹木の上の方にカラスが営巣するようだ。
さてこれからこの死骸をどうするか一瞬考えたがこの雑木林の中に埋葬してやるのが妥当だろうと、裏庭に向かい埋葬場所を物色に行く・・と、すかさず2羽のカラスも後について来て隣の家の屋根に止まり鳴く。一旦、物置小屋に戻りスコップを探しているとまたその場所についてきて叫び声を上げる。私に何か訴えたいのか何かを予測しているのか、明らかに冷静さを失っているように見えるこの2羽のカラスの心情が湿った砂のように私の背後に張り付いて来て、そのまま体内に溶け込んでしまいそうな感覚、背筋にゾッとする寒気が途切れる事無く続いていて体中に鳥肌が立ちそうだ。ヒッチコックの映画じゃないけど今にも奇襲攻撃を受けるのでは無いかと空恐ろしさを感じつつ適地に穴を掘り始めた。子ガラスを埋める程度の穴を掘る事など容易な事だが、その土木作業中も相変わらずカラスは背後で騒々しい鳴き声をあげている。
『私が何をやろうとしているのか、わかるのか?』

いよいよその黒い小さな骸をトングで摘み上げ一旦、土嚢袋に納める。出棺だ。振り返る事も無く埋葬場所へ向かうが、彼らのけたたましい鳴き声はピークに達していて、もはや絶叫を超えている。
カラスは非常に頭の良い鳥だと言う。おそらくこの2羽のカラスは亡くなった子ガラスの両親だろう。この阿鼻叫喚の有様を人間界に置き換えるてみろ、目の前に我が子が息もせず横たわっていて自分たちはなす術もないと言う残酷極まりない状況の中、冷静さを保てる親がどれだけいるだろうか。取り乱し泣き崩れ、周りに当たり散らかして当然なのだ。
今私は、この2羽のカラスの目にどう写っているのだろう。非道な悪人と思われてるか、おくりびとに見えているのか知る由も無いが淡々と穴に埋め土をかけた・・・別に悪い事をしているわけでも無いのになぜか『許せよ』。。との思いが胸に過る。

スコップを納屋に片付け自宅に戻ろうとする最中も、カラスたちの泣き叫ぶ声が怒号のように背中から浴びせられる。何故だかわからないけどずっと、云い様もない背徳感と空恐ろしさが肩に乗ってる感じなのだけど、もしかしたらこれは患者の命を救えなかった医者も似たような感覚に陥るのだろうか・・と空想しつつ玄関をくぐった。時折カラスの声が聞こえてくるが、もう激しい鳴き声はしなくなった。わかってくれたのかなぁ。
忌まわしの象徴とも印象付けられていたカラスだが、それはあくまで人間が創り上げたイメージであって実は、他の鳥や動物と同じく、強い親子の絆を持った賢い鳥で、我が子を思う親の気持ちは人間と同じ、いやもっともっと強く優しいのかもしれない。子を思わぬ親などいるものか!・・と、改めてカラスから教わった気がした初夏の夕べでありました。
さて、今年の梅雨は豪雨に猛暑と予想されてるようです!皆様ご自愛下さい。
2017maytopix.jpg




スポンサーサイト
翡翠紺碧 | 2017/06/07(水) 16:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
桜雨
早々に開花宣言が出た北部九州でしたがその後の花冷えで一向に開花が進まず、寒々とした夜半に固い蕾の桜の下で花見をしている方々をチラホラ見かけましたが、その後やっと満開に近づいたかと思えば今度は春の雨、まぁ桜雨滴る下でのお花見もオツな物でありましょう。毎年見かける近隣公園の桜並木は今年も綺麗に咲きそろってて、蕾の数と開花の数が拮抗している時期は落ち着いて鑑賞も出来ますが、それを過ぎて開花が進むと胸に迫る一抹の寂しさはこれ、四季を持つ日本で育った大和民族のみが感じる特殊な感情らしいです。「アメリカ人は満開のサクラを見て悲しくなんかなりません♪」・って、テレビでよく見る日本語が達者な西欧人コメンテーターが言ってました♪
そんなわけで今年もやはり惜春の情が影のようについてきますが、里山をまだらに薄いピンクで染め上げる桜はやはり良い物だなぁ~と感じます。「今年も桜が観れたね~」・・・、どこからともなく聞こえてくる見物客の会話の中にこそ、日本人が桜に拘るワケが秘められているようです。
さて、今年もあと一歩で花粉症の時期も終わります! 皆様ご自愛下さい。
2017MARTOPIX.jpg


翡翠紺碧 | 2017/04/11(火) 11:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
雖も春は
毎年の事なので最近はさして驚きもしないのだけど、だからと言ってこんなに瞬間移動のようにアッと言うまに過ぎ去ってしまう新年初詣からお雛様までの行事は如何な物か(・o・)今年は1月に梅の花が咲き始めて2月に感の戻りがあったのでどうなる事かと思いましたが3月も中旬となり桜の蕾も順調に膨らみ始めていますので、今年も福岡県地方の桜開花宣言は国内1~2位を争う勢いで咲き乱れるのでしょう☆
今年も国内外で様々なニュースが飛び交っておりますが、震災から6年経って見た目は平穏を装ってはいますが、これが真の平穏と思い込めない、指先に小さな棘が刺さってて折につけピリっと痛むような気がして落ち着けない状況のようにも感じます。これ現状やら将来の不透明さに対する不安と言うサカムケが小さく捲れてるからなのでしょうかね♪
さて、時将に三寒四温のサイクルに入った感のあるこの時期、杉花粉から檜花粉にバトンタッチすると、私の花粉センサーも休む間もなくフル活動になるのです。こうして見ると、桜吹雪以外に何も良い事が見当たらない春爛漫の時期ですが、でもそうは雖も春はやはり浮かれた気分になるのが正しい楽しみ方かもしれません。
皆様、春先には体調も壊しがちです。ご自愛下さい

201702TOPIX.jpg

翡翠紺碧 | 2017/03/14(火) 11:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
彩千鳥
ようよう寒くなってきたこの12月、南北に長い列島では北と南の気温差たるや極寒と常夏ほどに違うので
これは九州に限った季節感なのでしょう。僕は常々思うのだけれど博多駅から四方に延びる幹線道路には
実に街路樹が豊かで緑が多い。特に美野島方面への道の両側には立派に育った銀杏が鮮やかに四季の彩りを
告げてくれる。眩しい程の緑葉が燦々と照り注ぐ盛夏を経て、今まさに黄葉の盛りとなっているのだけど
街路樹にはその立地条件の違いからだと思われる個体差が激しい。この時期、黄金色の葉を満々と湛えた
個体もあればすでに落葉が進んでスカスカになってしまった冬枯れの佇まいもあり、かと思うとまだ緑色の
葉っぱを茂らせている空気読めない的な若さみなぎる樹木もある。それは自然条件に全く影響されない人工
構造物や高層ビル群が、陽射しを遮る角度や時間に不可避的な不公平さを保っているからなのでしょう。
好むと好まざるとに関わらず、都会に真ん中に起立させられてしまった樹木の宿命かもしれないが一方、
自然界の紅葉にも個体差はあるものの、原因となるべき遮蔽物は固定された物では無く日々変化している
自然環境由来の物であるので、確定的な影響を及ぼす事は稀なのではないだろうか。

地元那珂川のサイクリングコースに毎年、緑から橙色~紅色と見事な紅葉のグラデーションを愉しませて
くれる糖カエデがあるが、この種類のカエデは殊更色彩が鮮やかで時に立ち止って見惚れてしまう事さえ
ある。円熟を迎えた真紅、壮年期の濃い橙色、血行不良なのか浅い黄色があるかと思えば、大器晩成型を
予感させる腕白な緑色も混ざる。しかもカエデの葉はくっきりとした星型なので、色とりどりに地面に
敷き詰められた落ち葉の風景にはどこか、クリスマスのデコレーション菓子のように煌びやかでもある。
何時の頃からかこの糖カエデに見る歩調の合わぬ紅葉の彩千鳥を見るにつけ、人間社会にも似てるなぁ
と思うようになった。早熟なタイプもあれば、ゆっくりと成長して行く人もいて、要領が良い人もいれば、
習得に時間はかかるが誰にも負けない味わいを醸し出すタイプの人間もいる。たかが1本の木の内にある
小宇宙とでも言うか、緑のまま若くして散ってしまう葉もあれば、真紅に天寿を極め舞い散る葉もあるのだ。
でもその星型の葉はついには、同じ土に還る・・諸行無常とはこの事でしょう。
さて、師走に入り何かと慌しくなって来て忘年会シーズンに突入ともなれば、銀杏の心配よりも己の胃腸を
案じよ・・との励ましの声も、どこからともなく聞こえて参ります・・(笑)
皆様これから寒さも本番、ご自愛下さいませ。

2016novtopix.jpg


翡翠紺碧 | 2016/12/06(火) 18:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)
晩秋儚き哉
地球温暖化が叫ばれるようになって久しい昨今、今年もちょっぴり暖かな秋の始まりとなったようです。
毎年10月末頃から始まる焼き牡蠣小屋のニュースが流れてましたが今年の糸島産牡蠣は海水温が高い為に
50%程の牡蠣が死んだらしく、牡蠣養殖業者さんも大変な様子でした。かと思えば瀬戸内海ではハモが大漁
となって相場が下がってるようで、海水温の上昇は様々な方面に異常事態を引き起こしてます。山に目を
移してみると今年の紅葉はイマイチでは!?・・と言う意見がちょろちょろ聞こえてきますがこれも10月の
気温が下がり切らない為に色づきが進まなかったのかもしれませんね。でも九重の紅葉は見事に紅や黄色に
彩られていたようで、何となくほっとした感じです。しかしながら11月に入った途端急に気温が下がって
寒くなったようで、各地の高嶺の初冠雪ニュースが一気に流れてきました。長期予報によると今年の冬は
少々寒くなりそうです。さてこれからしばらく秋山ハイキングやら紅葉を愛でながらのクライミング等、
何をするにも爽やかな時節で、しかも秋の味覚で美味しい物も出回ります☆ ひやおろしに生牡蠣なんぞ
頂こうものなら、もうタマリマセンよね☆また来週から少し気温も上がってきそうで、ちょっと遅れ気味
の山麓紅葉もこれから楽しめるでしょう♪ 各々方、健康診断受けて下さいね♪(自分に言い聞かせつつ)

2016OCTTpix.jpg

翡翠紺碧 | 2016/11/04(金) 13:02 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ