プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ゲゲゲのパーシモン 
一昔前までの漫画には夢や希望・・また前衛的な作品や、タイトルがつけられていましたね・・・
ゲゲゲの鬼太郎なんかその最先端のネーミングじゃないでしょうか。「ゲゲゲ」ですよ・・何を意味
するのか明確ではないが、少なくともこの作品設定に相応しい おどろおどろしさが伝わってくる
じゃないですか。ドロロン閻魔君もよかったが、妖怪人間ベムのインパクトは無かったですね。
こんなしだれ柿を目にすると、どこかで目玉のオヤジが見てそうな気がしますなぁ~★
kakiazemichi.jpg


PENTAX istDS
*Tamron 90mm Macro F2.8


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


スポンサーサイト
写真 | 2006/11/29(水) 23:35 | Trackback:(0) | Comments:(8)
雲海に蒼空
これからの季節、冬に向う季節には夜明け~日の出にかけて雲海が発達します。今年は
どのポイントから モルゲンロートに焼ける山肌が、雲海に浮かぶ風情を楽しみましょうかね・・
阿蘇五岳は 1級ポイントでしょうが、大崩山も負けてませんぞ♪ 久住にもそんなポイント
あると思いますが・・探しましょうか。

3sawaguru2.jpg


PENTAX Optio W10

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
アウトドア | 2006/11/28(火) 17:30 | Trackback:(0) | Comments:(10)
富嶽参拾六景
五合目より上の頂に雪をかぶる初冬の富士山は、日本を代表する景観でしょうか。葛飾北斎が
こよなく愛した富嶽の風情はやはり半分白い・・のが印象的でもあります。山小屋も閉鎖されている
この時期、人の少なさに一番ホッとしているのは、当の”富士山”なのかもしれませんね。しばらくは
ゆっくりと休んで下さい♪

モルゲンロート(朝焼け)に染まる富士
fujisanS.jpg



8合目から上は見事な雪山ですね。今年初の雪道です。
setugenS.jpg



山頂付近の外気温は、-15℃くらいですが、テント内は快適。
tents.jpg




PENTAX OPTIO W10 (COMPACT)


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*

アウトドア | 2006/11/26(日) 01:36 | Trackback:(0) | Comments:(16)
留守にします。
今日は福岡地方は麗らかな良い天気です。あとしばらく続きそうですね。
今日から3日間ほど留守にします。皆さんお風邪など召されないように♪

PENTAXLOGOs.jpg


PENTAX istDS

*smc PENTAX-A 50mm F/1.7


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*
写真 | 2006/11/21(火) 12:38 | Trackback:(0) | Comments:(4)
精神に届く”木”の温もり。
木で出来たGoodsには愛着が湧く・触れていてどこか落ち着くし、使うほどに馴染んでくる気がする
佐賀県諸富町の片隅に『飛鳥工房』と言う癒しの場がある。木の素材で拵えた玩具とかインテリア
小物類等を製造販売しているのだが、場所もちょっとマニアック・・ヒントは倉庫の2階です、宝探し
の按配で、是非近くまで行って探してみてください♪そんなに広くは無い店舗の中には、夢いっぱい
の「木製雑貨ワールド」が広がっていて、一つ一つ見てまわるのがとても楽しいねー!お人柄の良さ
そうなお店の方との話もまた愉快で良いし、何気なく飾られているディスプレイ小物も中々お洒落だ。 
一度「飛鳥工房」さんの世界を覗いてみてください

*中央のワインセラーはユニーク!木片の上下を斜めにカットしてあるだけ。あとはワインの重みでバランスが取れている
asuka.jpg



こんなオセロでゲームしてたら負けても心が豊かになります(?)
ocero.jpg



PENTAX istDS
*SIGMA 18-200mm DC F/3.5-6.3



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


お気に入りの店 | 2006/11/19(日) 17:12 | Trackback:(0) | Comments:(4)
猟師岩
秋の展望はよくよく澄み切って見えるから、何事も普段より美しく見えますよね♪いつもは見えない
ような遠くの峰々まで見渡せたりします。歩いている時にはあまり顕著なピーク感を感じない山・・
例えば背振主稜線上にある猟師岩山等は、この位置(背振山頂近く)から見ると中々端正な
姿形をしてるじゃないか。青空に紅葉に澄み切った展望・・・もうここから動きたくなくなります。
20061117235221.jpg



青空と紅は良く合う。
momji.jpg


PENTAX istDS

*PENTAX FA 77mm F/1.8 Ltd
*SIGMA 18-200mm DC F/3.5-6.3

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


写真 | 2006/11/17(金) 23:55 | Trackback:(0) | Comments:(8)
紅満天星躑躅
独断と偏見に満ちた今年の九州地方”紅葉指数”・・を示すとしたら≒60ポイントくらいでしょうか。
真っ先に鮮やかな真紅を発する ナナカマドが不発だった事と、台風の影響で葉が飛ばされたり
葉はついていても、命からがらついているだけの状態の樹木も目立ちました。その中でも真紅の
急先鋒”ベニドウダンツツジ”は気を吐いていたのではないかなぁ・・葉のつき方が強そうな印象
を受けました。澄み渡る秋の空気の中に紅星の如く浮かぶベニドウダンの紅い葉は目を惹きますね。
しかしながら ”紅満天星躑躅”と書いて=ベニドウダンツツジと読ませるなんぞは中々粋です。
doudan.jpg


PENTAX istDS
*SIGMA 18-200mm DC F/3.5-6.3
*PL フィルター使用

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

写真 | 2006/11/16(木) 11:27 | Trackback:(0) | Comments:(6)
ダムって何だ。
福岡の山間部、佐賀県との県境に東脊振村と言う地域がある。最近ここを通ったら吉野ヶ里町
と名前を変えていたなぁ、市町村合併で古くから慣れ親んできた地名が消えていく。僕らにとっては
いつまでも「背振村」なのだ。この地域に清流”那珂川”の源流が端を発しているのだが、残念な
事にその源には「背振ダム」があり、その7Kmくらい下流には南畑ダムが大きな水溜りを作って
いる。そのダムとダムの間にほんの少しだけ”渓流”の雰囲気を醸し出している区間があるんだ。
これが中々雰囲気の良い渓流・・良い具合に紅葉が枝を伸ばして、渓流と紅葉のバランスが
鮮やかで、近くにこんな所があったのかと思う程だ。しかしこの紅葉と渓流の「良い絵」も見納め
なのかもしれない・・近年、このダムとダムの間に また「ダム」を造るそうだ。渇水対策用のダムか
何か知らないが、この区間には紅葉と清流だけじゃなく、歴史的遺産の「国境石」もあるのに。
誰だ・・君達か?俺らか・・? 何か間違ってないか。

KEIKOUYOUs.jpg


PENTAX istDS
*SIGMA 18-200mm DC F/3.5-6.3
*ND フィルター使用

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


.

写真 | 2006/11/14(火) 00:43 | Trackback:(0) | Comments:(10)
雛桔梗
ファインダーの中の世界ってのは時として、実際見えている物よりも美しかったり、見えなかった物が
見えてきたり、ありのままを切り撮る筈の写真が実物を越えている事が多々ありますね。僕らの目で
見えている世界ってのは「一つの側面」でしかないんだな。他の生き物にはどんな世界が見えている
んだろうか・・・ この雛桔梗(ヒナギキョウ)は小指の爪ほどしかない本当に小さな花なんだけれども
その花びらに更に小さな虫が居た。現像して初めて気が付いたのだけれど、中々よく写ってる・・・。
肉眼でギリギリみえるかどうかの虫だろうが、皮肉にも彼の触覚にちゃんとピント合ってんだな、これ。

hinagikyou.jpg


PENTAX istDS
*Tamron 90mm Macro F2.8


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*
写真 | 2006/11/11(土) 23:24 | Trackback:(0) | Comments:(12)
昼のいこい
AMラジオの NHK総合放送で、毎日正午に放送される「昼のいこい」・・・その冒頭に流れて来る
イントロ音楽が泣かせる。壮大で華厳な日本の伝統的農村風景が瞼に浮かんで来るのである。更に
テーマ音楽が流れている間に、毎回お便りが一通紹介されるのだけれど、このお便りが素晴らしい。
例を挙げると 「家の畑に植えているそら豆が元気に育ちました・!」・・・感動的じゃないか!一個人
の畑に植わっているそら豆の発育状況が、NHK全国放送の電波に乗って紹介されるのだ。しかも、
最後にアナウンサーはお便りをくれたリスナーの事を 「○○県にお住まいの○○通信員からのお便りです」
として全国に紹介してくれるのだ。通信員・・僕も将来 立派な通信員になって、きっと日本を変えてやる!
「昼のいこい」のテーマミュージックは、聴く者にそんな大志を抱かせてくれる・・・・それは恰もよく出来た
歴史小説のように。

kakidenen.jpg


PENTAX istDS
*Tamron 90mm Macro F2.8


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/




写真 | 2006/11/10(金) 00:31 | Trackback:(0) | Comments:(6)
さっ、土に戻ろっ。
11月も半ば近くになると木に付いている葉よりも落葉の方が少しずつ多数派になってゆくが、このバランスが
微妙に取れている時の雰囲気は大変結構なものです。紅い絨毯をさぁーっと敷き詰めた中に黄色やこげ茶
のアクセントが効きます・・・波斯絨毯とはいきませんがね。そんな写真を撮りたいなぁ~と思ってますが良い
場所無いですかね~ カレンダー等で時々見かける時は必ず撮影場所をチェックするのです♪
この三つ又の黄葉は「シロモジ」の葉ですが、日当りの良い所と影になる所では微妙に黄色の濃さが違って
くるようです。 こうしてだんだん紅葉から落葉になって生まれ変わるための糧となるんだ。来春には真っ先に
黄色い花を咲かせるだよ~♪

siromoji.jpg


渓谷の石や苔も ちょっと華やかになるね~。
momijikeiryu.jpg



PENTAX istDS
*Tamron 90mm Macro F2.8

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/



写真 | 2006/11/07(火) 21:53 | Trackback:(0) | Comments:(8)
火の国”阿蘇山”
♪あんたがたどこさ、肥後さ、肥後どこさ、熊本さ・♪手まり唄でお馴染みの火の国熊本。この地域の特産物
数々あれどやはり「広大な自然」阿蘇山麓に広がる大草原ではないだろうか。阿蘇山山頂に立ち360℃の
視界を見渡すと、ひたすら広い広い草原が波打ちながら広がっている。遥か先の方には九重連山が浮かび、
反対側には祖母山系が雄雄しく裾野を広げている。なるほどこれこそ大観峰と言うべきか。ところで火の国
熊本を代表するもう一つの特産物は”馬”・・・そう馬刺しである。この地の壮大な草原で育まれた馬刺しに
与えられた”天下一品!”の謳い文句はまんざら嘘ではないのである。 この晩秋の早朝、阿蘇の大草原から
朝日が昇る・・ドラマティックなその瞬間に太陽と私の間を横切る影は・・・駿馬!ではなく、牛の親子でした。
肥後牛も中々ですよ♪


阿蘇山麓の草原からの日の出には、牛が調和する・・かも。
asahi.jpg



阿蘇山の裾野には豊かな草原がどこまでも続く。
tenbou.jpg



阿蘇山麓には自然のキャンプ場が多い。鍋の平キャンプ場から背景は高岳。
tent.jpg




http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/




写真 | 2006/11/05(日) 23:27 | Trackback:(0) | Comments:(10)
人間交差点
今夜 知人の二人が屋久島に出発した。一人は宮之浦岳、もう一人はモッチョム岳に登る予定のようだ。
別の知人は明日、結婚式でスピーチをするらしい・・・原稿は大丈夫かね。また別の知人も九州の山に
出かけると言っていたなぁ。月末月初でしかも三連休前、深夜まで仕事をしている同僚もいる。サービス業
を生業とする為、明日の出勤者もまわりには多いが、かく言う私も勤労の喜びを味わう予定だ。
季節はもう秋を過ぎただろうか。それぞれの思惑を持って行き交う人間、それぞれの世界があり、様々な
事情をかかえ、シガラミの中でまったく違う時間が流れている事もあるんだ。今僕の周りに流れている時間
とはまったく違う異質の、別次元の時間・空間があるんだ。嫌でもそこに居なければならない時だってある。
~~月日は流れ、僕らは残る~~・・・ギヨーム・アポリネール。。。鬼才の詩人だったね。

今宵はエビス生の気分かね・・
beer.jpg


砂肝を旨いと感じる人と、肝類は全く受け付けないタイプも居る・・人ソレゾレだ。
sunasuri.jpg



PENTAX istDS
smc PENTAX-A 50mm 1:1.7

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/



食彩 | 2006/11/03(金) 00:04 | Trackback:(1) | Comments:(6)