プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
文化料理 ”くら重”
福岡市内舞鶴地区にある洋風レストラン“くら重”・・アットホームで落ちついた雰囲気の中で頂く、くら重
オリジナルメニューの数々は繊細で味わい深い一品が出たかと思うと、野趣溢れ大鉈を振るったような逸品も
登場する。オーナシェフ「倉重さん」が厳選した素材に、シェフの感性が加味されこだわりの逸品が創造され
るのだ。その季節にマッチした素材活用を優先させる為、いつも同じメニューがあるとは限らない。
このお店での私のお勧めは、テーブルに着いた後、「おまかせね♪」・・と注文する事だろうか。期待を
裏切るられる事のない”くら重ワールド”に誘われるだろう。


落ち着いた店内にはセンス溢れる装飾品の数々が並んでいる。
8mise.jpg





オードブルは季節の魚を使った洋風お刺身・・今宵は玄界灘のマサバと地タコのマリネだ。
1sabatako.jpg



このお店の売りは“ロブスター&ビーフ” 活きたロブスターは絶妙のオリジナルソースで頂く。
5lob.jpg




牛テール焼きは、手掴みでムシャムシャかぶりつくのが正解。
3taiel.jpg



PENTAX K10D

PENTAX FA 35mm F/2.0

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


スポンサーサイト
お気に入りの店 | 2007/02/27(火) 12:28 | Trackback:(0) | Comments:(12)
眠らぬ・釜山港
世界ランキングでも常に上位に位置する、スーパー・ハブ・ポート(中枢港湾)である釜山は眠らない・・
24時間&365日稼動を売りとする釜山港は欧州のロッテルダム港、香港、上海港などに続く世界的重要港湾だ。
釜山の街並みを少し裏手に入ると、ロシア語の看板が目に留まる・・一部の人々に言わせると、釜山はすでに
リトル・ロシアン・タウンなのだそうだ。そう言えばソウル近郊の、仁川港(インチョン)の街並みを歩いて
みると、やたらと中国語が目に付きチャイナタウンの雰囲気を十分に伝えていた。古今東西、港町として栄えた
都市では異国情緒豊かな“文化の坩堝”なんだね。

PUSANSSS.jpg



PENTAX K10D

PENTAX FA 35mm F/2.0

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
写真 | 2007/02/26(月) 14:03 | Trackback:(0) | Comments:(6)
留守にします。
今日も昨日も北部九州は春爛漫です。暖かな日差しの中 蝶も鳥も花も少し早い春を謳歌していますね。
あっ!それと私の鼻も春を謳歌しております・・・ハッ、ハッ、ヘクション!!♪♪(>_<)
今日から3日ほど留守にします。お仕事での韓国出張、韓国半島の春も進んでいるかな・・・☆

NANOHANA1S.jpg



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
写真 | 2007/02/21(水) 10:09 | Trackback:(0) | Comments:(8)
林道調査と恩返し
かれこれ5年程前、私の友人2名は宮崎県椎葉村のとある渓谷に源流釣りに出かけたのだが、行程の
都合で下山が遅れ、車を置いていた場所から遥かに遠く離れた地域に下山し、とぼとぼ林道を歩いていた。
携帯電話もつながらない山間部である為、タクシーを呼ぶ事も出来ず、ひたすら下界を目指し、暗闇迫る
林道を歩く事1時間強、民家の明かりが見えてきた。「助かった!」と思った彼らは、夜分に恐縮しながらも
「タクシーを呼んでもらえないだろうか?」とドアを叩いたのである。出てきてくれたご主人は、快くタクシー会社
に電話をかけてくれて、「一番近いタクシー会社からでも1時間以上はかかるだろうから、あがってお茶でも
飲んで行きなさい。」と、親切にも泥まみれのおじさんx2名をもてなしてくれたと言う。ビールにおつまみ、
おばあちゃんが作ってくれた煮物など、心温まる振る舞いを受け、話に花も咲いた頃タクシー到着、無事に
帰路に着く事が出来たようだ。その時の感じでは、「今晩は泊まって行きなさい。」とでも申し出てくれそうな
雰囲気だったと言う。今回、林道調査で巡り巡って、偶然にもこの椎葉村を通りかかった時、当時の事を
思い出した友人は、「やっとお礼が出来る!」と、手土産にビールを携えて再び「鹿野遊(かなすび)集落」
から内八重林道を奥へ奥へと・・・お世話になった「N須家」へ、5年ぶりの再訪だ。変わらぬ笑顔で応対
してくれた「N須さん」にふかぶかと当時のお礼を述べ、ビールを手渡す事が出来き満足そうな天唐さん。
N須さん宅の前に流れる清流は数年前の台風の影響で、護岸工事の最中であった。
残雪も無い今年、扇山から吹き降ろされた優しいそよ風は、膨らみ始めたミツマタの蕾を揺らす。
辺りは既に 温かい春の息吹に満ちているようだ。


N須さん宅前の渓流には石積みの護岸工事中であった。上流には大規模な砂防堤が出来ていた。
nsusantaku.jpg




とても親切なN須さんご一家。おばあちゃんは同行の我々にもお茶を飲んで行きなさいと勧めてくれた。
nsusan.jpg



今回の林道調査で、崩落の為寸断され通行止めとなっていると確認した箇所は、西米良の大藪渡川林道、
大河内越、椎葉の飯干峠、それに椎矢林道でした。まだまだ不通の箇所は沢山あるようです。
何れも平成16-17年に九州直撃した台風の深い爪痕が残っていました。



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
アウトドア | 2007/02/20(火) 01:31 | Trackback:(0) | Comments:(8)
暖かい雨
折角の週末ですが、全国的に天気予報が良くないですね~・・・ 宮崎県地方の最高気温は20℃の予報に
なっていました、暖かい雨です。恵みの雨を喜ぶのは春の花達でしょうか・・来週は一斉に開花しそう
ですね。 桜ちゃんはもう少し待っててね♪

nanohanaS.jpg


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
写真 | 2007/02/16(金) 12:22 | Trackback:(0) | Comments:(6)
取引き
未だ初雪の降らない東京、土まみれに汚れた雪だるま、つぎはぎ模様に地面が覗くスキー場・・・これら
暖冬の象徴とも言える現象は、間違い無く地球温暖化の影響なのだろうか。だとすると予想を大きく
上回る加速度で進行しているかもしれない。現代社会において「進歩」と呼ばれ賞賛されてきた出来事は
凡そ「合理化」だと言えるのかもしれないが、その少しばかりの合理化・と引き換えに我々は大変な事態
を招いてしまったか。人間の日常生活は常に何かと「取引き」をしている。朝、起き出す労力と引き換えに
労働の喜びが与えられ、労働は金と引き換えになる。金は少しばかりの欲望と交換される事がしばしば
あるが、時間とは交換されにくい。額に汗した対価は達成感だろうか。尻に優しい紙が欲しいと思う欲は
森林と交換され、脂ののった魚が食べたいばかりに、ある種の生き物を絶滅危惧種に追いやる。暑い、
寒い、もっと早く・・の欲求が満たされるのと引き換えにCO2を支払わなければならないのだろうね。
唯一等しく分配され且つ、最も貴重な「時間」と引き換えに、僕らは何を得たいのか・・ライフスタイル。 
「人間は取引きをする動物だ。犬は骨を交換したりしない。」・・・まったくだ。 
犬の喜びはいくら追求しても温暖化とは無関係だからね。


kurashige2.jpg


PENTAX K10D

*smc PENTAX-FA 77mm F/1.8 Ltd.

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*

写真 | 2007/02/15(木) 23:49 | Trackback:(0) | Comments:(8)
恋心・・空回り
その昔、魚釣りが好きだった話をした事があります。海釣りにのめり込んでいた頃、竿や玉網なども自然
の素材で手作りの道具作っておりました。例えば釣り場で、潮の状況も最高、餌の状況も道具も完璧、
文句無し!更に気合も十分!さぁ、どっからでもかかって来い!しなしながら釣りたいとか、釣ろうとか言う
気持ちが先走る時、えてして思いは空回りするのであります。”ギラギラの釣る気”を帯びた波動は釣糸を
通し、海中深くに沈んだエサまで伝わり、魚達が近づき難いオーラを纏ってしまうのではないでしょうか。
恋愛も追い過ぎる感情の歯車が回りだした時から、空回りが始まるような気がしますし、ボクサーは試合前
調子が良く、体が軽過ぎる時は良い結果が得られないと言います。ここ数週間ウチの裏庭に集まる野鳥
の餌付けが楽しくなり、メジロちゃんの写真などが撮れたものですから、俄然気をよくして、高級ミカンと、
粟とピーナッツでのおもてなし。更に水浴び用のお皿に綺麗なお水なんかを満たして、カモフラージュ用の
板を拵えて待ち伏せ・・・そしてこの日は三脚2台にカメラ2台をセットし、アングルを変えてリモコンで狙う
と言った熱の入れようだったのですが・・・来ない。昨日よりも確実に甘く、美味しいおミカンが四つも輪切り
にされて置いてあるにも関わらず、ヒヨドリも来ない!昨日まではすぐにメジロやヒヨドリが来てくれたのに・・☆
あぁ・・撮り心、鳥心、空回り・・・じっと手を、カメラを見る。・・・空回りしてますかね・・?


”撮ってやる波動”が発射される砲台カメラ。
k10d2.jpg



遠くの鳥も確実に追い払う”高射砲”
sankyakuS.jpg




http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*

写真 | 2007/02/13(火) 21:37 | Trackback:(0) | Comments:(14)
快晴の連休
この週末も本当よいお天気に恵まれて、各地の山々も賑わいを見せたのではないでしょうか!気温も高く
抜けるような青空の下、山の空気を胸いっぱいに吸い込んで明日への活力の源としましょう!
仕事だけが趣味のワタクシは本日、至福の楽しみである勤務についております・・(-_-# 昨日ウチの裏庭にも
メジロさんがやってきました。ヒヨドリと駆け引きしながら美味しそうにミカンお召し上がりになりました♪
春のうららの昼下がり、のんびり命の洗濯と洒落込みますか♪

mejiroSS.jpg


PENTAX K10D

smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*




写真 | 2007/02/11(日) 15:14 | Trackback:(0) | Comments:(22)
雪 煙
先週末から今週にかけて、西日本地方を中心に暖かい小春日和が続いてますね~!もう我が家でも
ファンヒーターいらずのお日和です。聞くところによると北海道でも流氷が無くて、波間でサーフィンをして
いる人もいるとか・・!どうなってるんでしょうか。元来、最も冷え込みの厳しいこの時期ですが、雪山の
雪が締まり込まず、ふかふか状態のような気がします。しかしながら大晴天の紺碧空と純白の雪峰
のコントラストはいつ見ても素敵です。中央奥の剣ヶ峰山頂では 雪煙が舞ってますが、風が強いので
しょうか・・・♪今年は雪解けも早いかもですね。

tops.jpg



PENTAX Optio W10 (6MEGA)

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*

アウトドア | 2007/02/07(水) 23:35 | Trackback:(0) | Comments:(14)
春告花
福寿草・・・またの名を”元日草”。旧暦の正月前後、残雪残る山間部に、雪を掻き分け咲き誇る
可憐な花です。今年の九州地方ではもう既に咲いている所があるとか・・・。この画像は昨年の物ですが
今年も見れたらいいなぁ~と思う、今日この頃です。 これから2日間ほど留守にします♪


hukujusou.jpg



PENTAX istDS

*Tamron 90mm Macro F2.8

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
写真 | 2007/02/03(土) 14:08 | Trackback:(0) | Comments:(6)
マメな豆撒き。
季節の変わり目”春の節分”にマメをまき、邪気を払って、福を招く・・無病息災を願う神事のお陰で
期待に満ちた春が訪れると言うわけだ。我が家の豆撒きは玄関から始まり、リビング、各部屋に撒き散らして
台所から厠へと進に、更には納戸や押入れにも福を呼び込もうと言う魂胆だ。実にまんべんなく、豆を撒く。
我ながらマメなヤツだと思うが、端的に”しつこい”のでは・・と言う意見も紛糾する。確かに執念深いのか・?
言われてみると ”巳年”の生まれだからね♪


福よかなお多福レディーに、赤鬼ボウイもタジタジだ・・・現実みたい♪
setsubun.jpg



梅はもうほころび出したようです!
ume1.jpg



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*
写真 | 2007/02/01(木) 23:33 | Trackback:(0) | Comments:(14)