プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
君の名は・・・
吉野ヶ里近郊クリーク周りの花は多種多彩!でもよくよく見てみると帰化植物が多いですね。シロツメクサに
始まり、マツバウンラン、キキョウソウ、アカバナユウゲショウ等など・・・これも多分 帰化植物でしょうが
名前が分かりません。キキョウソウに花の感じが似ていますが葉の形が違いますし一輪しか咲かない花でした。


凛とした花さんでした。
AKAHANA.jpg



ヒナキキョウに花は似てましたが、ヒナギキョウよりかなり大きかったので別種・?
HINAGIKYOU1.jpg



PENTAX K10D

*Tamron 90mm Macro F2.8

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*

スポンサーサイト
写真 | 2007/05/30(水) 12:58 | Trackback:(0) | Comments:(6)
白花桔梗草
佐賀県吉野ヶ里遺跡近くに発達しているクリーク群周りにキキョウソウが咲き誇っていました。日本の風土に
すっかり溶け込んでいる感のある彼の花ですが、異国からお見えになった帰化植物なのですね。通常は細長い
茎に紫色の花を段々につけますが、ここにはシロバナキキョウソウも咲いてます。ニワセキショウも今が盛り
と咲き誇っていますね=!


シロハナのキキョウソウは涼しげでした。
siro.jpg



そこで一句・・・黄砂舞う故郷を偲ぶ帰郷草・・・ (≧▽≦)
danS.jpg



足の踏み場の無いくらいのニワセキショウでしたよ。
niwasekisho.jpg



PENTAX K10D

PENTAX FA 77mm F/1.8 Ltd.

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/
*


アウトドア | 2007/05/28(月) 12:20 | Trackback:(1) | Comments:(10)
サンセット・ビアガーデン
暑い暑いでビールが旨い・・ビール会社さん益々大繁盛でしょうか。暑い日の夕暮れ、沈む夕陽を見ながら
頂くビールは格別ですねぇ~・・・それでは行ってまいります♪


sunset1.jpg



PENTAX K10D

*SIGMA 18-200mm DC F/3.5-6.3

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*


アウトドア | 2007/05/24(木) 18:04 | Trackback:(0) | Comments:(18)
銀竜草
よく探してみると身近な里山などに大きな群落を形成しているギンリョウソウは、光合成をせず腐食性の
土壌から栄養分を吸収する腐生植物ですね。銀色の鱗片のありかたを「銀竜」に擬えたのでしょう。
通常は半透明の銀色で花(?)の中央部分がコバルトブルーに光っていますが、昨日 祖母山で観察した固体は
薄いピンク色でとても可愛らしいイデタチでした!シルクサテン、薄絹生地の下からピンク色が透け透けで・
もうこっちまでポッとしそうでした(*^-^*)

これは通常の銀竜草(ギンリョウソウ)晩春頃からニョキニョキと顔を出します。
ginryo.jpg



なんとも艶かしいピンク色のギンリョウソウは初見でしたが、たまに見かけるそうです♪
pinkSS.jpg



PENTAX Optio W10 (6MEGA)


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/
*

アウトドア | 2007/05/21(月) 14:00 | Trackback:(0) | Comments:(22)
本能と裏・表
シャクナゲの自生する地域は九州各地に点在しています。岩稜尾根にしがみつくように生えているかと
思えば、見渡す限りの大群落をつくり 辺りをまっピンクに染め上げる妖艶な景色を楽しませてくれる
そんな華やかで親しみのある花ですね。この石楠花にはとても明確な「裏年(不作)」と「表年(豊作)」
があります。私の知りうる石楠花ポイントの近況は2004年が裏、2005が表、でしたので2006年・昨年
は裏年の筈だったのですが・・・皆さまご存知でしょうか、昨年2006年は九州各地 花・花・花・の
大豊作の年だったのです!近くの山々でも今までかつて観た事の無いくらい一面の石楠花園でした。
私はこの番狂わせの原因は「福岡西方沖地震」ではないか・・と結構まじめに思っています。それまで
地震とは無関係と言われていた九州北部地方での大型地震で我が家でも家具や壁掛けが転落しました。
この台地を揺るがす天変地異を感じた野山の植物達は、自らを複製する子孫保全と言う「自然の本能」
により、一斉に開花・・未来に繋がる種子を残したのではないでしょうか。そしてこの「本能」の働きは
地震発生の前から準備されていたような気がしてならないのです。 番狂わせにより今年2007年は各地
完全な裏年になってるようですが、それでも一厘二厘くらいの石楠花は原生林の中、紅一点彩りを加えて
ました!さて来年はきっと素晴しい景色が広がるでしょう♪


shakunageS.jpg



PENTAX K10D

*Tamron 90mm Macro F2.8

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
写真 | 2007/05/18(金) 16:46 | Trackback:(0) | Comments:(10)
1914
「93年前、あなた何してました?」・・・思わず、ふと考えてしまいそうな、『歴史』と言う重みの在る
観点から直感するに、93年前と言う時間の流れは「ちょっと前の事」のような印象を受けてしまいました。
しかし人間社会は精神的にも物質的にも激変してしまった期間ですね。
93年前・・1914年とは第一次世界大戦勃発の年、更にその後に起る第2次大戦と「日本人」と言う概念や
イデオロギーがこれほど激変しようとは当時誰が想像したでしょうか。そんな激動の1914年に建造された
客船“DOULOS号“は、現役運行している世界最古の客船として時代の荒波を越えて、今も現役で世界各国
津々浦々、七つの海を元気に航海中のようです。今 博多港に着岸しているDOULOS号,しばしの骨休めです。

DOULOS.jpg



FERRYでも貨客船でも無く、純粋な「客船」は お尻の姿がとても良い!
DOULOS1.jpg




一般公開中の本船には平日でも見物客が後を絶たない。
DOULOS2.jpg



ボランティアの乗組員達は”日本国”が気に入ってくれただろうか。
DOULOS3.jpg


PENTAX K10D

PENTAX FA 35mm F/2.0
SIGMA 18-200mm DC F/3.5-6.3

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*


写真 | 2007/05/15(火) 12:56 | Trackback:(0) | Comments:(6)
皐 月
もう5月も半分まできました。春を彩った花もお役目御免、初夏の花へとバトンタッチです。地元の里山
の生垣にはユキノシタがほぼ満開で揺れています。葉っぱの天ぷらは何度食べても天ツユのお味ですが♪
少し沢沿いを歩くとマンネングサが夏の到来を告げていました。


tumerenge.jpg




これは何でしょう・・?男池近くの沢沿いに咲いていました。
shirohana1.jpg



PENTAX K10D

*Tamron 90mm Macro F2.8

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*

写真 | 2007/05/14(月) 12:50 | Trackback:(0) | Comments:(10)
背穴の空国
日本書記、天孫降臨に纏わる「この地」を表現したのであろう一説・「背穴の空国(ソシシノムナクニ)」と
読みます。背穴(ソシシ)とはそのまま「背骨の外側の背中についた肉」の喩え。山間部の急斜岩稜地帯
にパラリと土がかぶったような痩せた土地を表している言葉のようです。今、街を外れて山間部の観光地に
向うと、決まって名産品として名を連ねるのが、シイタケ、山菜、粟もち、・・・それにお蕎麦。どれも、
痩せた土地で逞しく育ってくれる山間部の強い味方ですね。今やそばとは街中のお蕎麦屋さんの方が美味しい
と言う意見もありますが・・・まぁ、たまには片田舎で婆ちゃんが捏ねたご当地そばでも召し上がれ♪
素朴ながらも味わい深い、昭和の味が口の中で木霊するかもですぞ~!


最近は文明の浸透で、田舎そばでも洒落た物が多い。地元の鴨肉のツミレが添えてある立派な逸品だ。
kamosoba.jpg



PENTAX K10D

PENTAX FA 35mm F/2.0

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*

食彩 | 2007/05/11(金) 12:56 | Trackback:(0) | Comments:(6)
心に虹を
何も星は遠い宇宙の果てから、命からがら辿り着いた残光が夜空で瞬くだけではない。希望の星は結構近くに
ある物だ。身近に居る大切な人の瞳の奥を見てみると良い。山頂は雲に隠れ、遥か彼方に霞んで見えるのが
全てでは無い。君にとっての山頂は今の座標から一歩踏み出した所にあるのだ・・この一歩の高みに登るのに
必死にもがく苦労が山頂よりも大切な事に気付くだろう。虹が荘厳な色彩を雨上がりの空に放つと精神が
高揚する。何かとても得をしたような気分になるものだが、手の届かない空高くにあるとは限らないよ・・
足元を見て見ると期待に満ちた七色の虹が架かっていた。



takiS1.jpg




takis12.jpg



PENTAX K10D

*SIGMA 18-200mm DC F/3.5-6.3

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/
*


写真 | 2007/05/09(水) 18:11 | Trackback:(0) | Comments:(20)
毎月ゾロ目の日は祭日にすべきだ。
あっという間でしたね・・ゴールデンウィーク。
日本では、しばしば 『大型連休』とも称される夢のLong Vacation
は残酷にも余韻を愉しませる事をせず、無常の現世へとつき返すのであります。 まぁ贅沢は申しませんが、
後ほんの数日・・・三日くらい?お休み連続させてもらえると、国内の経済波及効果も見込めると思うのですが
・・・ねぇ、どうでしょうか。 北アルプスの一番北部に位置する剱岳・立山は今年も満々と純白の残雪を湛え
雪と戯れる者達を迎えてくれました。


真っ青な晴天に浮かぶ立山連峰・・・穏やかに晴れ渡ったように見えますが、凄い強風が吹き荒れていました
tateyamaS.jpg



北の剱、南の穂高・・・と称される日本を代表する名峰・・”剱岳”
turugiS.jpg




一瞬風が止んだ。心身共に疲労困憊の時、足元ばかり見て歩いている。どこまでも変わりばえのしない白い魔物
turugiS1.jpg



PENTAX Optio W10 (6MEGA)

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*


アウトドア | 2007/05/07(月) 22:15 | Trackback:(0) | Comments:(16)
しばらく留守にします。
GWの合間の今日、長期休暇中の方も、勤務に勤しんでおられる方もいらっしゃると思います。明日からは4日間
連続のお休みで、各地は行楽客で賑わいを見せるでしょう。皆様方におかれましても佳いGWとなりますように♪
私もちょっと Take off してきますね☆

takeoff.jpg



PENTAX K10D

*SIGMA 18-200mm DC F/3.5-6.3

http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
写真 | 2007/05/02(水) 12:50 | Trackback:(0) | Comments:(10)