プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
釜山~至高のサムゲタン
韓国・釜山の港に降り立ち、国際ターミナルを出る。ここ数年でターミナルから釜山駅にかける街の様相は
とても綺麗に様変わりした。数年前のAPECに合わせて美観地区強化をしたのだろう。ターミナルから釜山
税関合同庁舎方面に歩き横断歩道を渡って対面、釜山駅側の通りに出る。一昔前のようなケタタマシい
クラクションの騒音は皆無で、運転マナーもヨロシイ・・・福岡の街中よりも良いかも♪
お目当てのサムゲタン専門店までは港から歩いて4~5分の所だ。昔ながらの印象の残る通りに面した所に
そのお店はある。鶏の解体に一同無口になる所はカニ料理に似ているが、奥深さが一味違うこのサムゲタン。
至高の味・・唸る旨さのサムゲタンをどうぞ召し上がれ♪


釜山国際フェリー・ターミナルの周りはとても綺麗に整備された。
1pusan.jpg

韓国では当たり前の豪勢な付け出し各種・・砂肝のボイルも実に旨い。すべてお替り自由であります。
2tukedashi.jpg


これが韓国本土最高の「参鶏湯(サムゲタン)」・・あっさりスープで炊き上げられた柔らかい鶏肉の中には
高麗人参、ナツメ、もち米が詰まっている。塩のみで最後の一滴まで美味しく頂けます。医食同源の健康食。
3sangetang.jpg


2回目のお替りのベチュキムチ(白菜キムチ)。。浅漬け風のキムチはいくらでも頂けます♪
4kimchi.jpg

■ 新羅参鶏湯(シンラサムゲタン)
釜山市中区中央洞4-88-4
℡:051-469-1616

■ 釜山へのご出発は・・・
※ 博多港からの5時間ちょいで行く高速豪華フェリー カメリアラインが便利です。
お問い合わせ&ご予約は・・
℡ : 092-262-2323(ふろにはいって ぷさんぷさん♪)


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*




スポンサーサイト
お気に入りの店 | 2009/02/26(木) 14:44 | Trackback:(0) | Comments:(14)
その手は桑名の蛤岳
末期の様相を呈してきた神の国ニッポン(問題発言)の政局でありますが、とかく日本人は「殿様好き」
(殿様=ヒーロー)な国民でありますなぁ~。強いリーダーシップとカリスマ性には盲目的に追随してしまい、
「あなたが言えばカラスも白い」を潔しとするのであります。国民生活にどう直結するかは理解に苦しむし、
我らの感心ごとはソコには無いんだけど・・とうっすら思いながらも「郵政民営化解散」では見事に術中に
嵌ってしまいましたよ・・気持ちよく。「リーダーシップ」に傾倒する日本人気質であるのならば、現政権に
後継者を求めるのではなく「山岳業界」に人材を求めてはどうでしょう。強い指導者は沢山おりますぞ~♪

さて、そんな下世話な話はどうでも良いのですが山屋に必要なモチベーションの維持・各自色々な工夫を
されていると思います。フリークライマーには「目標のルートを落とす」と言う明確な目標がありますので、
日常生活とクライミングが常に密着しています。また百名山やニューピークハントを生業とする人々にも常に
明確な目標設定なされる為、当面の課題に没頭する事が出来ますね。私は、色々迷って彷徨いそうな時には
「走る」事にしている。「走る事= 脚力・心肺力up= 空想に耽る時間の確保~モチベーション維持」と
言うわけです。昔の西洋の文学者の言葉に「機会は心密かに、強く思い続けている者には必ずやってくる」
と言うのがありました。 
四季折々の山を体験し、味わいたいと願う岳人にとって、遠くに掲げた目標もあれば、思ってもみない時に
訪れずチャンスもあると思うのです。そんな不意に訪れるチャンスをモノに出来るかどうか・・その為にも
僕は走る。トレールランナーやマラソンランナーのようなストイックさは無いし、計画的でも無いけど、
とにかく迷ったら山や街中を走る。これが「歩く」でも良いし「登る」でも「漕ぐ」でも良いと思うのだ。
ずっと前に、色んな想像を巡らせながら走っていたけど、その空想の中の半分くらい・?は実現したのだ。
今日はどんな想いが思考回路を支配するだろうかと、「ゼイゼイ・・^^;」汗ダクになるのは、
ある意味快感ですなぁー♪


本日のトレランコースは坂本峠からの蛤岳だ。どこに降りるかは考えていない。適当に周回を描きたいね♪
坂本峠で時間セットして、そこそこ真面目に走りながら一目散に頂上へ・・43分で蛤岳山頂だった。
ミチヲなら、30分切っちゃうやろうねー♪
1hamagurisancho.jpg蛤岳山頂名物「蛤岩」・・・「桃太郎岩」の方が良くないかねぇ~・・屋久島にあるか。

1sanchoguruS.jpg


山頂で一休みしたら、蛤水道の源流方向へ向う。源流地点にあるこの橋・・知ってる人も多いでしょう♪
今日はこの橋を渡って奥に進む!
2hasi.jpg


ひとっ走りで、林道を横切りまた自然林に・・途中、背振ダムが展望できた。ぐんぐん下るとまた林道に
出る。建設中の高圧鉄塔が右手に見え、進入禁止になっているので左手に進む。
3sindo.jpg


左に向って走る事しばらくで2本目の建設中高圧鉄塔がある。このまま林道を直進すると背振青年自然の家
方面に向うようだ。ここで、この2本目の鉄塔から東方向の薮に突入!ヤブコギ開始◎
4yabu.jpg


下りやすい尾根を暫くで、植林帯に出て背振ダムからの舗装路に出た。五か山豆腐店よりかなり上流だった。6gokayama.jpgかくして全行程 2時間45分の蛤岳周回トレランは爽快にゴール。最後の坂本峠までの舗装路登り返しが
ある意味核心でしたねぇ~・・^^;



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*



アウトドア | 2009/02/22(日) 20:33 | Trackback:(0) | Comments:(6)
はなから始る
今日も麗かな日本晴れの九州エリアです。水仙が青空に映えてきたかと思うと、春を告げる福寿草も咲き出し
ました。セリバオウレンもそろそろ見頃でしょうか。スプリング・エフェメラルの開花が進むにすれて、もう
一つのエフェメラルちゃん・ハナ=鼻にもそろそろ来ました・ムズムズグスグス。数日前から散発的に起こる
くしゃみの連発。睫毛の辺りに囁きかける微妙な違和感。本日、確実に自覚症状を確認しましたので平年より
2日早い・・昨年より一週間早い発症でございます。一年ぶりに感じるこの感覚、日々進歩を遂げるマスクに
顔の下半分を包み今日からGW明けまでの間、ミクロの妖精との激闘のゴングは鳴らされたのです。
私にとって極めて困難な作業・・それは日頃使う機会のない「目薬」の投下であります。片手で目を強制的に
開け、投下目標を定めて目薬投下するわけですがどうしても目を閉じてしまう・・^^;最近習得した奥義!
最初から目を閉じて、目の眉間寄りのちょっく窪んだ所に目薬を落す・・その後でパチパチ瞬きをして眼中に
流し込む・・ふふふ、我ながら完璧なオペレーションである。007も真っ青・・♪


washigamine.jpg Photo by Ayakichi



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
アウトドア | 2009/02/12(木) 13:04 | Trackback:(0) | Comments:(18)
万感迫胸
菅原道真公所縁の太宰府天満宮で名物の飛梅が咲き出しました。来週の立春を目前にして、季節の
立役者達は春の舞台準備に余念がありません。春に向うこの時期誰も彼も特別な思いが胸に迫まります。
我が家での最重要年間行事である「節分豆撒きの儀」は今年も滞りなく行程を消化し、たいそう福を招き
容れた次第であります。立春の前後は通常最も寒の締まる事が多いのですが、今年はとても麗かな小春日和
でした。山間部では既に福寿草が咲きだした様子、今年の春は以外に早くやってきそうです。裏日本型の気候
である九州北部・どんより鉛色の空に吹雪きが舞う辛くて長い冬の時期・・この印象は最近薄れてきましたね。
やっぱ冬は寒くないと景気も上昇しないのでありましょう。今年の豆撒きで変わった事と言えば鬼を追い出す
兵器が大豆から殻付落花生になってた事と、娘の部屋の片隅にセーラー服が準備されていた事。
地下でも地上でも春への始動開始であります。


turu.jpg


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
アウトドア | 2009/02/05(木) 15:52 | Trackback:(0) | Comments:(10)