プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
暑さでポン♪
随分前に入梅宣言の出た九州地方では連日容赦ない真夏の太陽が照り付けてました。それでもそろそろ
梅雨らしくなりそうな先週末の天気予報、土曜の午後から日曜にかけては雨が降ると,日本気象庁さまが
おっしゃってたのですが・結果は土曜も日曜も晴れ・・^^; 日曜日も眩しい太陽に照りつけられて
目覚めた朝「なんだこの晴天は!やられた・」と恨めしそうに空を見上げておりました。気持ちは焦るし
このまま日曜を棒に振るのも癪に障るし・何か今から出来ないか?!そうだ、走ろう♪丁度午後からは
雨が降るとの予報だし、山間部まで走って火照った体を天然シャワーでクールダウンしながら下ってくる
のも良いか・と昼から自宅を出発、南畑ダムに向かって走るのでありました。しかしながら気象庁様の
予報とは裏腹に空模様は下り坂になる気配はなく、ダムサイトまでの登りを消化した時にもドピーカン◎
ダムからの折り返し時も超日本晴れ^^;日陰を求めて低山山間部のトレランを交えて下ったのですが、
それでも暑いの何のってもう熱射病になりそうでした(~o~; 所々にあるマイ・エイドステーション
(公民館とか道場など水道が使える場所)で頭から水をかぶって何とか耐え忍びましたが・・・
皆さん、真夏の炎天下ではあまり長時間お日様に当たるのはやめましょう。


1sakuranimi.jpg片縄から南畑ダムまで片道≒14Km、この辺りまではまだまだ快調♪でもこれから先、日差しを遮る物が無い。
今日も峠には自転車野郎が多かった。すれ違う度に微笑みと挨拶をくれる。どこか不思議な感じ・アナタ達は
自転車野郎でアタシャ山屋だぞ?そう言えば私も自転車で峠を登り降りしてる時にはランナーに愛情たっぷりの
挨拶をしてたなぁ・・ あんたも「M」ねぇ~ってな感じで♪



涼を求める行楽客で賑わう、水辺のオアシス・・中ノ島公園。蛍の名所でもあります。
2nakanosima.jpg



貯水量が減っている南畑ダム。ここから折り返して、後野地区の低山を越えて片縄まで戻る。往復≒30Km.
この下りが痺れました・・^^;足はガタガタ、日差しは暑いわでもうヘロヘロになりながら帰着。
5damu.jpg


筑紫耶馬溪沿いの紫陽花が綺麗でした。
3ajisai.jpg


PENTAX Optio W60 (10MEGA)
http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*






スポンサーサイト
アウトドア | 2009/06/29(月) 12:21 | Trackback:(0) | Comments:(16)
彩 雨
入梅宣言の出た九州地方、昨日までは若干の雨がふりましたがそれでも例年に比べると少雨の感は否めず
俄に水不足の心配が頭をもたげてきました。そして今日は梅雨の晴れ間のジリジリ真夏日☆
博多の街に夏を呼込む恒例行事「博多祇園山笠」・・締め込み姿の男衆がチラホラ見えてきたこの頃、
商人の町博多の裏通りには雨上がりの青空に映える紫陽花が、慌しさを増す地域の熱気に赤くなったり
青くなったり威勢を張っているようです。冷夏、空梅雨、ゲリラ雨・・薄れつつある季節の「~らしさ」
を思えば、今日のようなジリジリ暑い日中にこそ「~らしさ」を感じ額の汗もありがたくも感じるのでは
ないでしょうか。 昨今のエコ風潮で事務所のエアコンも最小限に抑えられ、季節感溢れる室内で感謝の
念すら覚えるのでありますが、しかし今日はビールが旨いでしょうなぁ~♪

ajisai111.jpg


smc PENTAX-A 50mm F/1.7
PENTAX K10D
http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*

アウトドア | 2009/06/24(水) 14:59 | Trackback:(0) | Comments:(16)
武雄名物おしくら饅頭
温泉大国九州にあってその泉質の良さで知られる武雄温泉。古来、鍋島藩所縁の由緒正しきこの温泉街に
九州に住んでいながら今まで一度も訪れた事がなかった。武雄温泉のシンボル・楼門をくぐるとそこには
「千と千尋の神隠し」を想わせるような楼閣が正面に座している。今にも『湯ばぁ~ば』が出てきそうな
味わいのある武雄温泉新館。その昔はこの建物内に最初の湯船が出来ていたそうだ。

入り口にある小さなお土産屋さんの店先には「黒蜜ところてん」が冷えていた。くろみつ・・・!?
上方の影響なのだろうか、私の知る限り九州でトコロテンと言えば「三杯酢」しか知らないが、何となく
黒蜜もここでは合いそうな気がした。滑らかで上品な泉質、ちょっと熱めの源泉掛け流しに身を浸し徐々に
温度に慣れる。風呂上りの休憩所には午後になってもまだまだ強い初夏の陽射しが差し込んでいてるが、
程よい冷房のおかげで居心地の良い時間が流れる。あと少しこの地に足を留め、血行の良くなった五臓六腑
にビールでも流し込むと、本当に「神隠し」に遭うチャンスを得るかもしれませんよ。 


楼門をくぐり、異次元の世界に迷い込みましょう♪
1takeo.jpg


「千と千尋の神隠し」の舞台を思わせるような朱色の楼閣・・中もとても綺麗でした。
3yubaba1.jpg


武雄温泉で最初に出来た湯船。鍋島藩のお侍さんも湯治に訪れたとか。味がありますね~。
4ganso.jpg


当時の楼閣内をそのまま保存してある。どこか懐かしい昭和の風景。
5miyageya.jpg


温泉の後はちょっと腹ごしらえでもしましょうか。
6takeo.jpg


PENTAX Optio W60 (10MEGA)
http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*




アウトドア | 2009/06/15(月) 17:18 | Trackback:(0) | Comments:(10)
蒼海june~紫紺の黄昏
ストーリー展開や小説の題材となる分野が趣向に合う本に出会うと、読むスピードが早いし、引き込まれ
てしまいますよね。「ダビンチ・コード」や「天使と悪魔」は翻訳家の方の文章構成も好きなタイプなので
とても気に入ってます。映画はまだどちらも観ていませんけどね。因みにこれまで最後にみた映画と言えば
初代ジュラシックパークです・・古! 
6月・梅雨・『晴登雨読』。ぽっかり空きそうな週末のひと時、馬車馬の如く家人にコキ使われる合間を
縫って本を開き小説の舞台に入り込む・・これまた愉しみしょうなぁ~♪因みに今週末は晴れそうです◎
善男前女の皆さま、良い週末をお過ごし下さい。

hakatasunset.jpg


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
アウトドア | 2009/06/05(金) 17:20 | Trackback:(0) | Comments:(14)