プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
理想の女性
皆さんこんにちは。野の花研究家@沢爺です。五月が目の前に迫ってきたこの頃、つい先日までは平野部でも
雪が舞ったようですがもう降らないでしょう、これからは徐々に暑くなる一方だと思います。2月末ごろから
密やかに始まる春の花の時期、今頃が一番の盛りではないでしょうか。最初に女性を花に喩えた人は天才で、
二番目に喩えた人はバカだ・・・と申しますが、やはり今でもよく連想したりするものです。先日もそんな
話を耳にしました。 かくして私の理想の花=女性はどんなかなぁ~・・と思いを巡らしましたが。。。

春一番に咲く福寿草・・雪割り咲きなど見事なんだけどちょっと空気読めなさそうな印象、イチゲの類は
いかにも儚そうだし。。石楠花は華やか過ぎてお金がかかりそうな女性っぽい?!カタクリさんとは会話が
噛み合いそうにない・・と言うか分かり合えない、そこまでしてよとは言ってない・・(~o~)
そうこう考えるとやはり理想の女性像をアケボノツツジに見たりするのであります。
えてして度が過ぎがちなピンク色ではあるが、アケボノの色合いは誠に妙なる薄色彩の調べ・・濃すぎず
薄過ぎず、淡い色合いを見事に発色していますよね。九州では春の花の真打と言っても良いと思います。

さて、既にGWに突入された方々もいらっしゃるようですが今年の天気予報は概ね良好!地方の行楽地も
大賑わいとなるでしょう~♪ それでは皆さん、思い思いの計画を胸に良い連休をお過ごし下さい。



この色合いがピンク色のお手本だと思いますが。
1akebono2010.jpg



この、ぽっ・ぽっ・ぽっ・と大木に花をつける咲き方もまた宜しいです。
2akebono2010.jpg




http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*


スポンサーサイト
アウトドア | 2010/04/30(金) 00:33 | Trackback:(0) | Comments:(16)
日向神・春の陣
4月18日晴れの佳き日、沢登りに行こうかと画策していたこの週末でしたが紆余曲折あって日向神エリアへ
クライミングに出かけた。お天気は最高♪ 久しくマルチから離れていたメンバーの勘を取り戻しに八女津媛
スラブでマルチレッスン。ハナタテ岩も考えたがやはり今人気のスポットなので2~3組のパーティーが取り
ついていた。八女津媛の後はサンセットエリアに向かう予定が、途中でキーボウさんとばったり遭遇!聞くと
道端エリアに行かれるらしい!我らも初のエリアだったので仲間に入れてもらう事にした。
到着早々、次郎(5.11+?)に取り付いていたキーボウさん・中間部の核心が見るからに厳しそう!やはりS原さん
の課題は厳しいのだ。その右隣に新しく出来たルートがあるようでそれを触ってみた。10a程度だと言う事
だったが中間地点のムーブが厳しかったなぁ~♪ 続いて綾吉が何と言うルートか解らないけど、5.8-9程度の
設定だろうという事でマスターオンサイトトライ☆お見事。ミチヲから絶滅危惧種と励まされたちゃーちゃんも
バリッと登っていた。久々のショート&マルチで十二分に楽しめた日向神エリアでした。
こりゃぁやっぱこのエリアは広くて面白いですね~・・ちょっと通いましょうかね☆



「絶滅危惧種」クライマー@ちゃーちゃん・・ここは全部リードして下さい♪
1yametu.jpg



2ピッチ目は綾吉っちゃんもリードの感覚掴みましょうかね。
3yametuya.jpg



ちゃーちゃんは数十年前には日向神に通っていたらしくトンネル付近のマルチや、田川ルートも登ったんだって♪
4chashot.jpg



マスターでのオンサイトトライ・数ヶ月ぶりにしては綾関お見事(~o~)
5shortya.jpg



キーボウさんRPお見事!ビレイヤーのフジミさん、色々と教えて頂きありがとうございました。
6keybou.jpg



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*

アウトドア | 2010/04/20(火) 23:35 | Trackback:(0) | Comments:(16)
五家荘・春の陣
熊本県中部の山奥にひっそりと佇む五家荘の里にも春は訪れ、新芽の芽吹く萌黄色に、淡い薄桃色の
山桜が単調な冬枯れモノトーンの山肌に淡い色彩のムラを創っています。
水の温んだ渓谷沿いには目を凝らしていないとついつい見逃してしまいそうな小さな春が既に満開
となって苔むした岩肌をこれまた鮮やかに彩るのです。白い可憐な花はサバノヲ・花や葉の様子から
みるトウゴクサバノヲでしょうか。ネコノメソウの類も陽射しを浴びて輝いてます。
皆さんそれぞれ思い思いに・山の春、渓の春、人生の春を謳歌しているようですね。若いって事は
それ自体財産でありますなぁ~♪


トウゴクサバノオ・・かな♪
sabanoo1.jpg



ネコノメソウの類。
nekonome.jpg


五家荘界隈の淡い山肌
yamahada.jpg




http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*
アウトドア | 2010/04/14(水) 18:29 | Trackback:(0) | Comments:(8)
山菜物語
皆様こんにちは、九州山菜吟味協議会理事@沢Gです。春本番、今年も春の息吹が楽しめる時期になりました。
コゴミ、ぜんまい、蕗の薹、ウドにタラの芽、もみじがさ・春の山菜数々あれど、やはり真打コシアブラ♪
と、小唄にも歌われた(ウソ)”King of 山菜” コシアブラに今年もありつけました♪
山菜には特有の苦味があって、これもまた春の息吹の味としてオツなものなのですが、このコシアブラの新芽は
苦味と言うよりも、爽やかな風味に満ちている・・と言うべきでしょう。ホクホク感を楽しみつつ揚げたての
天ぷらを塩で頂きますと、もうひっくり返りそうなくらい旨い!しかもビールとの相性はピカイチであります。
Qさん、今年もありがとうございました!我が家に爽快な春の息吹が満ち溢れましたよ~=☆


見るからに瑞々しいコシアブラの新芽
2010koshi.jpg



ドイツの岩塩でも頂いてみましたが最高!プリン体99%カットの発泡酒が本場ドイツのビールに感じます♪
2010koshiten.jpg


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*

アウトドア | 2010/04/08(木) 23:39 | Trackback:(0) | Comments:(6)
ハローグッバイ
もう何十年も空き地だった自宅前広場が整地されて、5軒の建売分譲住宅が建ち並んだ。すぐ隣の住宅
には4人家族が引っ越してきて、お父さんは新居の整理に連日大忙しだ。ご近所さんとの新たな出会いに
感謝しよう。気の合う仕事仲間が息子の新学期に合わせて関西に引っ越した・家も買ったらしいね~♪
新しい職場でも頑張れよ!入れ替えに関西から戻ってきた元の仲間もいる・またガッツリやりましょう。
この前まで幼いお子ちゃまだった知人の娘さんは今年、中学生になったようで見違えるようなお嬢様に
なっていた。またキャンプに行けると良いね~。デスクを並べている同僚の娘は今年、地域有数の進学校
である第1希望の高校に合格して一安心◎よかったなぁー!やっぱ娘さんの賢さはお母さん譲りだろう。
社内には二人の妊婦さん・あと僅かでお別れ、孫を待つじいちゃんの心境が少し分かるような気がする。
師と仰ぐクライマーは転勤で福岡を去られた・・でも九州内だからまた会えますね。
出会いと別れが交錯するこの時期、今年の桜は皆の目にどう映っただろうか。
そんな中、我が家の娘も中学2年生になりました。クラス替えがあったみたいだけど1年の時と同じ先生
になったようだ。これも何かのご縁、大切にするんだぞ♪ 今日は少し風の強い一日、爽やかに舞い散る
桜吹雪に想いを乗せて人波に流れる・残る。



空き地だった頃には、アレチハナガサやヒナギキョウが咲いてました。今は家の庭に飛んできたみたい。
2010hiroba.jpg






                
             気心知れた仲間との送別の宴・・・またいつでも会えますよね~♪
            84SANS.jpg



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/


*
想い出 | 2010/04/07(水) 19:13 | Trackback:(0) | Comments:(6)