プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翡翠日記
5月も下旬になると夏日を記録する事も珍しくなく、日本列島は徐々に暑い熱い盛夏に突き進んでいる
ようです。今年の梅雨入りは、平年よりちょっと遅めで概ね涼しげな夏になるのでは・!?・・との予報が
気象庁から出されましたが、お天道様の御心を下々の者が窺い知ろうなど畏れ多い事で御座います。

下々の者たち・・と申しますとこの度、皇族の高円宮家典子様が、出雲大社宮司・千家家とのご婚約が
発表され、我が国では昨年の東京オリンピック招致に続く、嬉しくも御目出度いニュースでありました。
高円宮様と言えばあの、オリンピック招致のプレゼンテーションにて流暢なフランス語を披露、東京
オリンピック招致に大いにご貢献された事、記憶に新しい所でありますが、平和を愛する日本国民に
とって、天皇家とは親も同然・・心の拠り所であり、天皇・皇后様が国民を慮るご慈悲の深淵さを知る時
、自ずから親愛の情が沸き出てこない国民は居ないと思うのです。日本国民にとっての天皇家とは
何人たりとも冒す事は出来ない、まして謂わんや他国の冒涜を受ける事など一切許されない聖地で
あります。 天皇家の健やかなる事、そしてご婚礼の御目出度きを心から祝福申し上げます。

20140506satoyama.jpg


・・・ちょと右寄りな表現がありましたでしょうか?・・(笑) でもホントに御めでたい事でしたよね!
ちょっと古事記等の日本神話に詳しい方なら、今回のご婚約に「をっ!」と感嘆された御仁もいますよね。

出雲大社と言えば勿論、国つ神の最高神@オオクニヌシノミコトご祭神とする日本にとって最も重要な神社。
太古の昔、アマテラスオオミカミを代表とする天孫族の神々から、半ば強引に国譲りを迫られ^^;、、、
葦原の中つ国を天孫族に差し出しす見返りとして、天にも届くような巨大な御柱を持つ御社を建立させた。
それが出雲大社なのです。神代の時代から現世まで脈々と続くこの天皇家の歴史は、今の平成天皇
(今上天皇・明仁様)で125代目となり、気が遠くなる程の伝承の歴史があって、これは世界中のどの国を
見てもこのような家系が悠久の時を越えて固く守り続けられたと言う前例は他に無い・・将に、日本が世界に
誇れる伝統文化なのであります。
今回のご婚約は、天孫族(典子様)が、国譲りを行った国つ神(千家家)に嫁ぐ・・と言う事になり、長い年月
をかけ、愛と平和の心が、天津神と国つ神の和合を実現した。。。何だかファンタジーで趣深いですよね◎

◆鳥撮影は、300mmでは限界を感じます。。もっと高性能な連射も欲しい~♪ 頑張れPentax K10D
222.jpg


話は変わりますが、わが家の裏庭に翡翠(カワセミ)が営巣しました! 最近チラッ、チラッ・・とカワセミを
見かける事があり、注意深く観察してたのですが何と!、リビングの食卓テーブルからの直線距離≒10m程
の土の斜面に穴を空けて巣を作っているのです。

555.jpg


20~30分おきに、小魚や川虫?小型のザリガニなどを咥えた親鳥が、せっせと餌を運んでは巣穴に持ち
帰ってます。かなり頻繁に出入りしているので、ひな鳥はだいぶ育っているのかもしれません。
リビングの窓にカーテンを引き、大型三脚に一眼レフをセット・・自前のレンズでは最大望遠の300mmをセット
して常に巣穴を狙って、カワセミたちの様子を観察しているのですが・・これ、かなり楽しいです♪♪
カワセミはまず、巣穴近くの松の木の枝に止まって鳴き声をあげます。なので部屋の中に居てもカワセミが
来た事が分るのです! おそらく雛に伝えているのでしょう。

◆巣に入る所。。 頭隠して尻隠さず・・(*^-^*)
201405su.jpg


この場所にはカワセミの他に、カワラヒワ、シジュウカラ、メジロ、ジョウビタキ、カササギ、コサギ、アオサギ、
ゴイサギ、ヒヨドリ、モズ・・などが頻繁に飛んできて、時にはヒレンジャクの大群が羽を休める事もあります。
何だかこの鳥観察の趣味・・・ 老後の楽しみ方が見えてきた気がします・・(笑)

皆様、これから暑さも徐々に厳しくなります。 ご自愛下さいませ。


スポンサーサイト
翡翠紺碧 | 2014/05/30(金) 15:38 | Trackback:(0) | Comments:(6)