プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
林道調査と恩返し
かれこれ5年程前、私の友人2名は宮崎県椎葉村のとある渓谷に源流釣りに出かけたのだが、行程の
都合で下山が遅れ、車を置いていた場所から遥かに遠く離れた地域に下山し、とぼとぼ林道を歩いていた。
携帯電話もつながらない山間部である為、タクシーを呼ぶ事も出来ず、ひたすら下界を目指し、暗闇迫る
林道を歩く事1時間強、民家の明かりが見えてきた。「助かった!」と思った彼らは、夜分に恐縮しながらも
「タクシーを呼んでもらえないだろうか?」とドアを叩いたのである。出てきてくれたご主人は、快くタクシー会社
に電話をかけてくれて、「一番近いタクシー会社からでも1時間以上はかかるだろうから、あがってお茶でも
飲んで行きなさい。」と、親切にも泥まみれのおじさんx2名をもてなしてくれたと言う。ビールにおつまみ、
おばあちゃんが作ってくれた煮物など、心温まる振る舞いを受け、話に花も咲いた頃タクシー到着、無事に
帰路に着く事が出来たようだ。その時の感じでは、「今晩は泊まって行きなさい。」とでも申し出てくれそうな
雰囲気だったと言う。今回、林道調査で巡り巡って、偶然にもこの椎葉村を通りかかった時、当時の事を
思い出した友人は、「やっとお礼が出来る!」と、手土産にビールを携えて再び「鹿野遊(かなすび)集落」
から内八重林道を奥へ奥へと・・・お世話になった「N須家」へ、5年ぶりの再訪だ。変わらぬ笑顔で応対
してくれた「N須さん」にふかぶかと当時のお礼を述べ、ビールを手渡す事が出来き満足そうな天唐さん。
N須さん宅の前に流れる清流は数年前の台風の影響で、護岸工事の最中であった。
残雪も無い今年、扇山から吹き降ろされた優しいそよ風は、膨らみ始めたミツマタの蕾を揺らす。
辺りは既に 温かい春の息吹に満ちているようだ。


N須さん宅前の渓流には石積みの護岸工事中であった。上流には大規模な砂防堤が出来ていた。
nsusantaku.jpg




とても親切なN須さんご一家。おばあちゃんは同行の我々にもお茶を飲んで行きなさいと勧めてくれた。
nsusan.jpg



今回の林道調査で、崩落の為寸断され通行止めとなっていると確認した箇所は、西米良の大藪渡川林道、
大河内越、椎葉の飯干峠、それに椎矢林道でした。まだまだ不通の箇所は沢山あるようです。
何れも平成16-17年に九州直撃した台風の深い爪痕が残っていました。



http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
スポンサーサイト

アウトドア | 2007/02/20(火) 01:31 | Trackback:(0) | Comments:(8)

そういえばT唐K遊師匠は以前にオートバイのヒッチハイクにも成功されてましたよね。

めぐり合った方々が素晴らしいのはもちろんですが、そう言う人にめぐり合うT唐K遊師匠の嗅覚もすごいものがありますね。

あのガタイと、あのトークで来られたら普通は・・・・以下略。

やっぱりめぐり合った方々の方が素晴らしいのですね!
2007/02/20 火 12:30:16 | URL | F谷 #-編集

いい話ですね、親切心やもてなしの精神、愛の冷えきった今の世の中にあってとても貴重な資質ですね。
2007/02/20 火 23:06:32 | URL | イチヤン #-編集

5年ぶりのお礼とは!いい話しだ~♪
おばあちゃんが「ほれ、写真撮ってないで、はよこっち来て茶ぁ飲め~」とか言ってそうですね(笑)
2007/02/20 火 23:06:45 | URL | プー #-編集

いい話ですね!お礼が出来てよかったですね。
2年前に黒岳に登ったときに、男池の駐車場に車を置いて登り、折り返すつもりだったのですが、ガスって来て、坊がつるに降りて、駐車場までタクシーで行くつもりだったのですが、携帯が通じなくて、電話を借りようと飛び込んだ陶芸家の方に、男池の駐車場まで車で送ってもらったことがあるのです。
ハンサムで若く、感じのいい方でした。
何時かお礼に行かないと・・・思いながら過ぎていました。早速出かけてきます♪
ありがとう
2007/02/21 水 09:43:59 | URL | kabo43 #-編集
そうですね~天唐さんにまつわるエピソードは数え上げると
枚挙に暇がありませんね♪ 65Lのザック背負ったまま15KMの峠道を走り出した
事もありました! 会話に通訳が必要ですよね♪
2007/02/21 水 09:48:34 | URL | 沢グルメ #-編集
地方でこんな親切心に出会うと、まだまだ日本も捨てたもんでは
無いな・・と笑顔が出ますね。突然の来客、訪問者に親切な応対を
するのは、日本昔話のおを見ても我国の伝統だったのかもしれませんね♪
2007/02/21 水 09:52:19 | URL | 沢グルメ #-編集
あのおばーちゃんは本当に良さそうなお人柄でした! お肌のツヤも良かったし、
人柄がお顔に出てましたね♪また手土産もって訪ねたくなるようなご家族でしたよ!
お泊りさせてくれるかなぁ^^;
2007/02/21 水 09:54:19 | URL | 沢グルメ #-編集
そうですか!そのお若い陶芸家の方との巡り会いも何かのご縁だったので
しょうね。思いがけない場面で他人の親切心を受けると本当に嬉しい気持ち
になりますね。ただ単に嬉しいのではなく、人間の存在、日本も捨てたもんじゃ
無いという嬉しさも加算かれます。その若者陶芸家さんとの再会を祈念致します♪
2007/02/21 水 10:02:22 | URL | 沢グルメ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する