プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
振り向けば猿田彦(3)
古事記などの記紀に出てくる本来の猿田彦大神は実に印象的な場面で登場する。そう天孫降臨の佳境だ。
高天原の最高神「天照大神(あまてらすおおみかみ)」の孫にあたるホノニニギノミコトが葦原中国に降臨する
のだが、そもそも異例はこの時から始まっていたように感じる。当初アマテラスと高木神(タカムスビ)の協議
の結果、天孫族の代表として天降りを命ぜられたのは、アマテラスの子であるオシホミミノミコトであった。
葦原中国を治める重要なポストを任せられたにもかかわらずオシホミミは辞退し、その子であるニニギノミコト
に譲ったのだ。因みにニニギとは、高木神の娘「トヨアキツシヒメ」とオシホミミの間に出来た子である。

ニニギノミコトが五伴緒を従わせ天降りをしようとしていた所、天の八街(ヤチマタ)に「高天原から葦原中国
まで広く照り輝いている神」が立っていたのだ。しかもその容姿が異様で「鼻は異常に長く、背丈は10mを超え
るような大柄で、ホオズキのような顔色」だったと云う。天狗の形相だ。
この異常事態を受けアマテラスと高木神はアメノウズメを呼び、「あの辻に立って光を放っている怪しげな神が
何者だか確かめてきなさい」と命じる。アメノウズメが問い質すと「私は天津神のご一行が降臨されると聞き、
道案内に参じた国津神のサルタヒコである。」と答えたと言う。


■この猿田彦の背後に従えるのは、大日如来の石碑。大日如来とは、そう天照大神の本地。これは趣深い。
14sarudaicni.jpg


アメノウズメが先発隊で確認に向かった行為は、現代風に言えば「外務省高官による事務レベルでの事前交渉」
と言えなくも無いが、この時の命令内容がまた異様で「胸元を露にし、腰紐を臍の下にたらしていた」とある。
些か解り難いので少しくだけて当時の指令を読み下すと、高木神は次のように耳打ちしたようだ。
「アメノウズよ、お前は手弱女(たおやめ)だけども気が強くて、どんな相手にも気後れしない気質だから
ここはちょっと胸元大胆に露出させてあの怪しいバケモノ神が誰で、ここで何をしてるのか聞いてきなさい」。 
このあたり私の持論ではとても重要なポイントともなるので併せて申しあげれば、アメノウズメとはスサノヲの
悪態にほとほと頭を悩ませたアマテラスが岩戸にお隠れになった事件「天岩戸隠れ」の時にも、胸元を露にし
トランス状態で踊ってみせて、暗黒世界となった世界的危機を救った立役者でもあるのだ。

無事に天孫族を地上まで導き終えたサルタヒコはその後、アメノウズメと結ばれ共に伊勢の国の五十鈴川上流
に鎮まったと云われる。いったいサルタヒコ大神はどこで天孫族降臨の情報をキャッチし、何の目的でその
先導役をかって出たのか?

15sareuta.jpg


『高天原から葦原中国まで(天上から地上まで)広く照らしている神』と称された猿田彦大神は、太陽の神格化
太陽神だった可能性が高い。かの最高神・天照大神も太陽神であった事を考えると、国津神界の最高神で
あったとも解釈できないか。しかしながら、国津神界(地上界・土着の神)の重鎮はスクナビコの助けを借り
葦原中国の平定を勤めた出雲の大国主命(オオクニヌシノミコト)である。天孫族に国譲りを行なった大国主命
こそ国津神を代表する大物だった事は記紀に伝えられている。

一方、アメノウズメとは天照大神の天岩戸隠れと言う史上最悪の全世界的危機を救ったばかりか、天孫の天降り
を妨げるような訝しげな神とも交渉、見事に解決したヒーローであり天孫族への貢献度の高さはピカイチである。
これほどの働きをしながらも、最後は「天狗のような野蛮な神」に押し付けられ、五十鈴川川上に追いやられる
ような形になったのは何を意味するのか。
天上界から地上界まで光り輝く神力と巨大勢力を兼ねた猿田彦大神。要所々では他の神々も真似できない
ような離れ業を見せたアメノウズメ。 格の高さと言い、外見容姿と言い、行動パターンと言い・・・
あなた方は本当にモンゴロイド(漢・朝鮮・大和民族)だったのか?


(続く)


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
スポンサーサイト

神話四方山話 | 2010/02/02(火) 20:23 | Trackback:(0) | Comments:(2)

沢さんのクリアな謎解きで
歴史の核心に迫ってゆく思いです

サルタヒコとアメノウズメ
このふたりの巨人は  
何処から来て 何処へゆくのか

いつも いいところで
続く。。 
待っていますね *´v`*
2010/02/03 水 20:38:13 | URL | 吟遊詩人 #-編集
毎度ご贔屓ありがとうございまぁ~す♪
サルタヒコ大神様の事 深みにハマリ
出したら、キリが無いですよね・・^^; 
サルタ・・の名前の謂れだけでも 本が1冊
書けちゃうかも♪
諸説渦巻く新和の物語、興味はつきません♪
九州は本当に親和やお伽噺が身近に感じる・
そんな地域ですよ◎

2010/02/04 木 12:57:04 | URL | 沢G #pyi.EnH2編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する