プロフィール

沢グルメ

Author:沢グルメ
川・花・こころで遊びましょう☆
■福岡県在住(♂)

■機 材:
・PENTAX K10D
・PENTAX istDS
■レンズ:
*smc PENTAX-FA 100-300mm
F/4.7-5.8
*smc PENTAX FA 77mm F/1.8
Limited
*smc PENTAX-A 50mm F/1.7
*smc PENTAX-FA 35mm F/2.0
*smc PENTAX-FA 28-80mm
F/3.5-4.7
*Tamron 90mm Macro F2.8
*SIGMA 28mm F/2.8
*SIGMA 18-200mm DC
F/3.5-6.3
■COMPACT :
・PENTAX Optio W60 (10MEGA)
・PENTAX Optio W10 (6MEGA)
・PENTAX ESPIO 24EW(35mm)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■DSLR-PENTAX forum
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
動かざること
九州南部にドッカと居座った梅雨前線は中々動じず、南九州には長雨被害の被害が出ています。今日も朝から
雨模様の九州地方、梅雨の時期に雨を恨んでも仕方ない事なのでしょうが何とも恨めしい限りですね~。
さて皆さん、6月最後の週末のご予定はどんな具合でしょうか? 良い週末をお過ごし下さい。



■今年の梅雨のトレンドは南九州の大雨、北部九州の少雨。雨が少ない年のザボンは甘いか酸っぱいか♪
2010ZABON.jpg


http://www1.bbiq.jp/sawa_gourmet/

*
スポンサーサイト

アウトドア | 2010/06/25(金) 14:04 | Trackback:(0) | Comments:(12)
梅雨明けが待ち遠しいですね。

土砂崩れとか、被害は最小限に
食い止めて欲しいですよね。

ザボン
黄色に色付くのが楽しみ
こちらの八百屋やスーパーには
なかなか店頭に並ばない商品です。

2010/06/25 金 23:59:15 | URL | すぅ #-編集

青ザボン
とっても瑞々しいですねッ^^*

朱欒 ザンボア
ポルトガルから 渡ってきたのかしら
皮が厚くて やや ほろ苦くて。。
幼いころに いただいた記憶^^v

南国の果実は まぶしい太陽と
豪快な雨に育てられるのでしょうね♪

沢さんも よき週末を…☆
2010/06/26 土 11:10:22 | URL | 吟遊詩人 #-編集
こんにちはー! 先週末は雨続きの九州地方でした。
かえって北部九州の方が雨は強かったかもしれませんよ♪
私は九州中央部に行ってましたが、どこもよく降ってた
みたいでしたよ。 雨の被害が出ないこと祈念します。
ザボンは九州の方が馴染みがあるのかな・? 小さい頃から
比較的によく見てました。
と言いますのも、近所にザボンの木が多かったので、よく
失敬して頂いておりました・・^^;

2010/06/28 月 12:52:19 | URL | 沢G #-編集
こんにちは!ザンボア@沢爺です♪ ラムネ大好きでした☆
どうもザボンは九州ではかなり馴染みが深いようです。
なるほど私も子供の頃から、夏みかんとザボンの木は頻繁に
見かけましたよ♪ ウチの田舎では、夏みかんのポピュラーな
食べ方は塩・・でぼお婆ちゃんなどはお醤油をつけて
食べてました。結構美味しいんですよ♪
ザボンのちょっとパサついた食感とほろ苦さは大好きでしたね~♪
2010/06/28 月 12:52:54 | URL | 沢G #-編集
届いてきそうな一枚ですね^^
こんばんは~☆沢さん
実は勿論、葉が瑞々しく美味しそうに^^写ってますね♪
葉の効能などもあるんでしょうか
ザボンに限らず皮の厚めのものや剥き難いものなど、沢山頂いた時なども実を剥いて少しお砂糖やハチミツをかけて保存しとくと子供達はあっと言う間に食べてました^^
して貰ってたことをまた子供たちに・・・
そんなことも思い出しました
6月の雨に打たれて・・・如何でしたでしょうか^^
2010/06/29 火 22:32:02 | URL | ノエル鷺草 #-編集

おお~,不動冴谷とは・・・。
私もあの辺りを考えていました。
偶然ですかね?対岸の車道からチラっと見える切れ込みに惹かれます。

南郷の温泉,沢Gさん達が行かれた数日後,私もヤマメ釣りの帰りに立ち寄りました。
ニアミスでした。沢Gさんほどのお方であれば,どこの谷かはすぐにおわかりになると思われます。1998年の谷です。あそこはやはり良いですね。恒例になりそうです。降りるの大変ですが・・・。

南郷も西米良と並んで,個人的にとても気に入っている場所なんです。雰囲気もそうですが,子ども達の挨拶が何といっても印象的です。先日は,スーパーの駐車場で,中学生の集団に「さようなら~」と声をかけられ,ビックリしてしまいました。いろんな意味で「よいもの」が,ここには残っているなと感じさせられました。

また次の記録,楽しみにしています!
市房周辺の谷でしょうか,想像が膨らみます。
2010/06/30 水 11:22:56 | URL | インヤン #-編集
こんにちは!大雨洪水注意報発令中の九州地方です♪
先週末はよく降りました・・・北部九州の方がむしろよく
降ったと思います。
宮崎県地方では土曜は終日雨でしたが、日曜の朝は何と!
お日様が出て晴れになっていました◎ 前線の雨はちょっと
した上下で降らない地域もでてきますよね♪
私もザボンを砂糖漬けにして冷蔵庫で冷やしてましたよ☆
甘さがノッてとても美味しくて・・昔懐かしい味が
蘇ります! 今でもたまにやりますよ♪ 
今週も半ばまで来ました・・週末のお天気はどうでしょうね☆

2010/06/30 水 13:58:19 | URL | 沢G #pyi.EnH2編集
やはり・・ご覧になられてましたね! 不動冴東面の食い込み☆
遠くに見える植林の稜線はちょっ興ざめですが^^; なかなか興味の
湧き上がる地形になってますよね! 隣の沢にもいつか行ってみたいです。
インヤンさん・・やはりあの沢は恒例ですか! さすが恐るべし。
今年はあの谷にちょろっと入ろうかとも思ってます・・山頂までノンビリ
焚火でも楽しみながらですね! 深い深い谷底に降り立つのは本当に大変
ですよね~・・山ヒルは多いし^^; 
南郷温泉の滑らかな泉質は大好きです!あそこのソーストンカツも
美味しいですよ◎ 泊りに使った森の駅も静良かったです。翌日はですね、
一ツ瀬挟んで市房の対面の谷に入りましたが・・実に参りました。
ここにも山の衛兵<ヒル>達の縄張りになってましたよ。同行者も3~4箇所
から献血してました。数週間前に「石堂山・樋口山でヒル被害に遭う機会が増えた」
と椎葉の地元の方から聞いていたのですが・・やはり目の当たりにすると驚きです。
ヤマヒルと抗体について興味深い話も聞きましたのでまたお知らせしますね!

2010/06/30 水 14:01:20 | URL | 沢G #-編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/01 木 17:45:07 | | #編集
貴重な情報ありがとうございました! なるほど・・●●ストですね!
今度試してみます☆ 因みに今回の樋口山で一番被害にあった男性はあの
ファイントラックのスキンメッシュを履いていて、その上から吸血されました。
あの肌着は快適なのですが、所々メッシュになってますから穴が開いてますよね、
あの穴から見事にやられましたよ。はやり穴の無いスキン仕様が良いですね。
例の谷へ赴く場合、たとえどんな目で見られようとも試してみますね!
ありがとうございました。

因みに今回の一番の被害者の友人が調べた所によると、度々ヒルに吸血された人は
体内に抗体が作られるらしく、この抗体を持った人間の血をヒルが吸うとへい死する
そうです。 彼には既に抗体が形成されつつあるのかもです♪
2010/07/02 金 11:05:55 | URL | 沢G #-編集

そうなんですか,血液の抗体のことは知りませんでした。勉強させてもらいます。おそらく樋之口谷あたりかな?とは思っていたのですが,その隣の谷とは・・・恐れ入りました。

私も最初は,一回の遡行で数箇所くわれていましたが,ヒルのことを調べて対策をするうちに,今ではせいぜい一箇所程度に抑えることができています。

ヒルは取り付いてもすぐには吸血しないのと,血管が体表面に近い場所で人に気づかれにい手首・足首・首部など末端で,細い部分にくいつくので,取り付かれそうな巻きを終えるとそういう所の調査と,あえて泳いで全身を水に浸して,体からヒルを追い出しています。

以前は見つけたらやたらに殺生していましたが,彼らも生きるのに真剣なわけですから,今はそっとはがすだけに留めています。ヒルの検知能力と人間の学習能力の対決,みたいな感じで,それも沢の要素の一つとして楽しみたいものです。
2010/07/04 日 10:39:33 | URL | インヤン #-編集
これは面白い・・今度是非、ヒルを話のネタに焚火で一杯やりましょう♪
インヤンさんの沢スタイルでしたら、どうしてもヒル対策は避けては通れない
関門のようなものでしょうね~・・長年の経験に裏打ちされた合理的なヒル対策
とても参考になりました。次回から実践させて頂きます。
以前、綾北川水系に入渓したのですがあの界隈も凄い密生地でした。比較的小さな
子供のヒルちゃんの方が、吸い付かれた瞬間にインパクト痛を感じる・・ような
気がしましたよ。大人のヒルは老獪・・と言いますか実に上手に違和感無く吸血
されてしまいました。 あの渓語りの翁事「瀬畑雄三さん」が言うには、ヒルの
習性として物陰に隠れないと落ち着いて吸血しないのだ・・との仮説から、真っ裸で
ヒルの密生地帯を歩いた所、吸血されなかったと聞きましたが・・マジかな?^^;
しかしながらインヤンさんの体内にも既に・・抗体が出来てるのかもしれませんね♪

2010/07/04 日 15:05:18 | URL | 沢G #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する